« 横浜公演終了&威穏くん大千秋楽! | メイン

2014年5月12日 (月)

「アダムス・ファミリー」大千秋楽!!

パルコ・プロデュース ブロードウェイミュージカル「アダムス・ファミリー」

(初めてタイトル全部言ってみました!)は、昨日の大阪公演で無事に大千秋楽を

迎えました!!

4月7日(月)東京・青山劇場を皮切りに、名古屋・愛知県芸術劇場大ホール→

横浜・KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉→大阪・オリックス劇場と、

全21回の公演を通して、たくさんのお客様がアダムス・ファミリーの一員に

なってくださいました。

最終公演地となった大阪・オリックス劇場では、5月10日(土)の公演終演後に

アフタートークを開催。トークの出演は、橋本さとしさん、真琴つばささん、

昆夏美さん、柳下大さん、菅原永二さん、友近さんという、アダムス親子と

バイネッケ親子の顔合せ。

これまでの稽古や公演での裏話など、とても盛り上がりました。

0510

そして迎えた昨日、5月11日(日)、本当に最後の大千秋楽。

超満員のお客様が総立ちでスタンディングオベーションに!!

何度も何度も拍手を送って下さいました!

その熱い拍手にお応えして、キャストから一言ずつご挨拶がありましたので、

ここに、ご挨拶した順でご紹介させていただきます。

(一部簡略化させていただく部分もございます。)

ラーチ役:澤 魁士さん

『グルン。』←以上です。

(ご覧いただいた方はお分かりのとおり、ラーチは基本人間の言葉を話さないのですが、

多分「皆様本当にありがとうございました」というような心からの謝意を表されたのだと

思います。ラーチのうなり声が『グルン』と聞こえたがどうかは分かりませんが、

実は台本には『グルン。』と表現されていました。この台本の表記だけで、

いろんな声の出し方を使い分けて感情を表現していた澤さん、スゴい!)

マル役:菅原永二さん

『ミュージカルは初めてだったのですが、楽しくやらせていただきました。

また、このキャスト・スタッフの皆さんと、どこかで会えることを信じて

これからもやっていきたいと思います。』

ルーカス役:柳下大さん

『アダムス・ファミリーで良い経験をさせていただいて幸せに思います。

今後も頑張っていきますので、よろしくお願いします!』

グランマ役:鷲尾真知子さん

『とっても淋しいです。今日でお別れです。愛してまーす!!♡』

アリス役:友近さん

橋本さとしさんが『・・・そして黄色い人!』と紹介すると、

友近さん『名前でお願いしまーす!』

そしてついに出ました!

友近さん『申し遅れました、藤原紀香です。」(会場大爆笑!)

『大千秋楽、大阪で皆さんノリノリで最後まで盛り上がって下さいまして、

本当にありがとうございます。普段は芸人をやらしてもらっているんですけれども、

こういうミュージカルに出させていただいて、また色んなネタを仕入れて、

すごくいい経験になりましたので、今度の新ネタはフェスターあたりの

キャラクターが出来ればいいかなと思っているんですけれども(笑)。

本当に刺激を受けながら、いい作品に参加させていただいて、ありがたいと

思っています。皆様本当にありがとうございました。』

ウェンズデー役:昆夏美さん

『私は(ストーリーの中で)自分も誰も死なないハッピーなミュージカルに出るのが、

この「アダムス・ファミリー」で初めてで、本当にたくさんのお客様に観ていただいて、

大好きなファミリーの皆さんとこの「アダムス・ファミリー」が出来たことを

本当に嬉しく思って毎日過ごしていました。また帰って来れるように頑張ります!

ありがとうございました!!』

パグズリー役:菊池銀河くん(子役)

『次、再演を期待しておりますが、次やる時には僕はお姉ちゃん(ウェンズデー)

の背を抜かしてしまうかもしれません。そのため「2(ツー)をご期待しております!』

(おかしな敬語にキャストからツッコミが(笑))

『今度は僕(パグズリー)のお嫁さんがほしいです!よろしくお願いします!!』

フェスターおじさん役:今井清隆さん

『最初、このメイクをメイクさんにしてもらった時に、ちょっと自分でも

引いたんですけれども(笑)…今や自分の素顔よりもこの顔を愛し始めている自分が

いるのに気付きました。大好きなこのファミリーとまたいつかどこかで

再会できることを期待して、この作品のすばらしさを是非皆様口コミで伝えて下さい!

よろしくお願いします!」

モーティシア役:真琴つばささん

『本日無事に千秋楽を迎えられましたこと、(今まで観に来て下った)全ての

お客様を代表して本日のお客様に御礼申し上げたいと思います。本当にありがとう

ございます。「今日の舞台が明日の元気の源になりますよう!」って言いたいですが、

アダムス風に、「明日の悲しみの源になりますよう!」本日はありがとうございました。』

ゴメス役:橋本さとしさん

『この「アダムス・ファミリー」はカンパニーというよりも、ずっとずっと

「家族だ」って言い続けてきて、今日はここに集まって下さった皆様も完全に

アダムス・ファミリーです!』

『祖先の皆さんも頑張ってくれました。そして、こちらには来れていないんですけれど、

演出家の白井晃さんはじめ、演出助手の河合範子さん、神奈川芸術劇場で一足先に

卒業したパグズリー役の玉沢威穏くん、そして稽古場で全員のいろんな役が出来るっていう

スゴいことをやってくれていた(稽古場代役の)香月彩里(こうづき さおり)さん、

みんなここで心を一つにして千秋楽を迎えたような気がします。本当にどうもありがとう

ございました!!!」

そして、

『じゃあ、最後にアダムス・ファミリー風の手打ちで終わりましょうじゃないですか!』

橋本さんのアカペラでテーマ曲『ジャジャジャジャン♪(clap!clap!)、

ジャジャジャジャン♪(clap!clap!)、ジャジャジャジャン♪ジャジャジャジャン♪

ジャジャジャジャン♪(clap!clap!)』に合わせて会場中が息の合った大合唱ならぬ

大手拍子で締めくくられました!

本当に本当に、たくさんの皆様のご観劇・応援ありがとうございました!

S_0511

そして、稽古場の顔合せがあった3月1日よりTHE MOONがお送りしてまいりました

このブログも、公演終了とともに本日で終了させていただきます。

読んで下さった皆様、ありがとうございました!

オリジナルのアダムス家の空に帰りま〜す!

みなさん、月を見たら時々、「アダムス・ファミリー」のこと思い出して下さいね☆

See you again・・・

THE MOON

最近の写真

  • S_0511
  • 0510
  • 05051
  • 05053
  • 05052
  • 05042_2
  • Photo
  • T_2
  • T
  • 0501
  • 04262
  • 04263