「テイクフライト」CD発売決定!

ただいま東京国際フォーラム・ホールCで上演中のミュージカル「テイクフライト」。
連日たくさんのお客様が劇場に足を運んでくださっています。

その「テイクフライト」ライヴ・レコーディングCDの発売がこのたび決定しました!
オンラインショップ特設ページが昨日からアップされています。
が、まだご案内できる内容はここまでです。
というのも、12月6日、明日の公演がCDになるからです。
明日のチケットをお持ちの方、あなたの拍手がCDに残る、またと無いチャンスです。
ぜひ大きな拍手で参加していただければと思います。

情報は上記特設ページで随時更新して参ります。
どうぞお楽しみに!

[O]

Tf1205

28ページの大特集!!

本日発売の講談社「Grazia」12月号に天海祐希さんの特集が掲載されています。なんと28ページの大特集。インタビューはもちろんの事、―「テイクフライト」ができるまで―と題して、ロンドン版の観劇・ポスター撮影・稽古場密着、対談記事と盛りだくさん!!そして宮本亜門さんと選んだミュージカルBEST10も掲載されています。ミュージカルファン必見の内容です。是非、ご覧下さい。

〔はしぞー〕

「テイクフライト」稽古初日会見レポート

プロデューサーのエントリーから遅れること1日、昨日の稽古初日で行われた「テイクフライト」顔合わせ及び囲み取材のレポートをお贈りします!

朝、稽古場に着くと、既に沢山の報道陣の皆さんがお越しくださっていました。
受付開始時間に到着したはずなのに!とまずびっくり。注目度の高さを実感します。
既にカメラマンの皆さんは着々とセッティングを進め、記者の皆さんは席について顔合わせが始まるのを今や遅しと待ち構えていました。
稽古場の中央にロの字型に用意された長机に、キャスト・スタッフの皆さんがつき、それを報道陣の皆さんや関係者の皆さんが囲む形です。
音声さんはロの字型の内側で待機。そこはかとない緊迫感が漂います。
Tf1015_1



予定時間どおりに顔合わせがスタート。キャスト、スタッフの皆さんを一人一人ご紹介してゆきます。
まずは宮本亜門さんが公演についての大枠をご説明。
続いてはキャストの皆さんが順にご挨拶および抱負を語ってくださいました。
多くの方が話していたのが、劇中の楽曲の難しさ。そして大きなプロジェクトに挑むやり甲斐。
この日に至るまでの歌稽古で皆さんが苦労されたのがよく伝わります。
それと共に、その日々を乗り越えてきた自信のようなものも同時に伝わってきました。
それから音楽監督のデイヴィッド・C・アベルさん、訳詞の森雪之丞さんはじめとするスタッフの皆さんの紹介があり、最後に宮本亜門さんがもう一度この作品についての思いを熱く語ったところで顔合わせは終了となりました。

すぐに隣のスタジオへと報道陣は移動し、フォトセッション及び囲み取材が行われます。
フォトセッションでの一枚がこちら。
Tf1015_2


この錚々たるキャスト陣で、どんな「空」の物語が繰り広げられるのか、本当に楽しみです。

囲み取材には宮本亜門さん天海祐希さん城田優さんラサール石井さんが参加し、皆さんそれぞれに意気込みなどを語っていらっしゃいました
Tf1015_3


宮本亜門さんが語ったところによれば、この夏に上演されていたロンドン・バージョンとは全く違ったものになるという「テイクフライト」。
取材などの詳しい内容は、これから沢山雑誌などに掲載されると思いますので、逐一チェックしてみてくださいね!
雑誌掲載情報などは、このブログでも順次お知らせしてゆきたいと思います。

[O]

「テイクフライト」スチール撮影がありました

とても夏らしく暑い先週の土曜日(某花火大会があった日です)、11月・12月に東京国際フォーラム・ホールCで幕を開けるミュージカル「テイクフライト」のスチール撮影が行われました。

スタジオに入ると既に撮影用のセットが組まれていました。青空をイメージする垂れ幕に小高い丘のようにすこし傾いた土台。足元はほとんど一面草で覆われています。草は本物ではないのですが、本物と見まごうばかりの質感です。ちなみに、草は下に針がついていて、土台(発泡スチロールでできている)に刺して植えてあるのだそうです。
その光景はさながら田植えのようだったらしいですよ(笑)。

準備も整ったところで、天海祐希さんがレトロなパイロットの服装で登場。白いパイロット服姿の天海さんはとても凛々しく、今回の役どころである女性初のパイロット、アメリア・イアハートに既になりきっているかのようでした。

セットの外でのソロカットの撮影を終え、いよいよセットの中に入ります。
照明が当たり、撮影が始まるとそこは既に別空間。
天海さんがすっと立っているだけで、草原に吹く風が感じられるかのようです。
下が、その時の撮影風景です。
近日中にメインカットとして出来上がりをお見せできるかと思いますので、どうぞお楽しみに!
Tf0811



その後、衣装を変えて別カットの撮影に入るのですが、次のカットの出来上がりをイメージにより近いものにするべく、カメラマンさんとデザイナーさん、アシスタントの方たちで足場を調整したり当てる風の高さや強さをチェックしたり、ポーズや衣装のなびき方を研究したり、色々と試みています。
益々どんな素敵な写真が出来上がるのかが楽しみになる瞬間です。

そうこうしているうちに白のドレスに着替えた天海さんが再度スタジオに入ります。
きりっとしたパイロット姿から一転、女性らしいふんわりとした衣装で再び草原のセットに入ります。
ポーズもドレスを風になびかせてみたり、草原の中で軽やかに踊るように足を上げてみたり、より動きや躍動感のあるものに変わっています。
不安定な足場の中、もっと足を高く上げて欲しいという制作サイドの無理なお願いにも「がんばります!」と見事に応える天海さん。完璧なまでに美しいポーズをとってくださいました。
途中、ドレスのデザイン上、裾がなびきにくいのをスタイリストさんが糸で吊ってみせたり、キャスト・スタッフ一丸となって様々なプロの技を駆使しつつ、撮影はオールアップとなったのでした。

この日、パイロット姿の天海さんにホームページ用にコメントを頂いてきました。
こちらは今月下旬にアップ予定ですので、今しばらくお待ちください!

[O]

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


Powered by TypePad