「ウーマン・イン・ブラック」ロンドン公演が終了しました!

少し前の話になりますが、9/9~13の5日間にわたり、ロンドンのフォーチュン・シアターにて「ウーマン・イン・ブラック 」(ジャパニーズ・ウィーク)が行われました!
Woman_ld

公演に伴い、現地では下記のような劇評が「イブニング・スタンダード」紙に掲載されました。
もちろん全て英語ですが、日本語訳したものが以下です。

東洋風の恐怖
 もし、ロンドンが自由闊達な精神と芸術に溢れた街であることを再認識したいのであれば、この芝居より他はない。5日間のみ、身の毛もよだつビクトリア朝ホラーの、幽霊ではない役を、日本人俳優が演じる。17年も続いている芝居を若返らせるには奇妙な方法だが、「Xファクター」(テレビで大人気のタレント・スカウト番組)で落ちた人たちを起用するよりはずっと効果的だ。
 スーザン・ヒルの原作を、スティーブン・マラトラットが脚本化した低予算の心臓に悪いほど効果的なメロドラマは、語りのニュアンスというより、雰囲気や想像力、細部にわたってどんどん高まっていくサスペンスによるところが大きい。この作品は、日本で大成功を収めている。91年から変わらないロビン・ハーフォードの演出が与える超自然の震撼は、「リング」のような映画を予め形作っていたのかとすら思わせる。
 人に語ることができないでいた過去の亡霊と忌まわしい死別を語るために若い役者を雇った、落ちぶれた事務員、キップス役を演じる斎藤晴彦は、控えめながら秀逸。若いほうの役を演じる上川隆也は、最初は少しがむしゃらで現代的かと思ったが、積み重なって行くパニックをうまく表現して説得力がある。2人の役者は、私が過去この芝居を2度観た時と同じようにスリリングな舞台を作っているが、目新しさと異文化という点でポイントが高い。これはロンドンだからこそ、起こり得ることだ。そして、たぶん、東京でも。
(原文はコチラから)

このように、現地でも大変話題を呼んだ「ウーマン・イン・ブラック」。
今回残念ながら見逃してしまった方も、またいつか日本で上演される際には、ぜひご覧ください!

[O]

「ウーマン・イン・ブラック」掲載情報

本日は媒体掲載のお知らせです。

イギリス生活情報週刊誌「英国ニュースダイジェスト」に「ウーマン・イン・ブラック」出演の上川隆也さんのインタビュー記事が掲載されました!

紙媒体としてもご購読いただけますが、WEB版もあるそうです。下記リンクからどうぞ!
http://www.news-digest.co.uk/news/content/view/3201/161/

また、ロンドン公演の詳細について、少しご案内が遅れておりますが、近日中にはお知らせできる見込みです。
日本公演・ロンドン公演どちらもどうぞご期待ください!

[O]

「ウーマン・イン・ブラック」ロンドンへ!

本日、パルコ劇場8月公演「ウーマン・イン・ブラック」の詳細がアップされました。
ずいぶん先の話で恐縮です。

そして、この日本カンパニーでの、ロンドン公演も同時に発表となりました!!
9月にロンドンのフォーチュン・シアターという劇場で上演するのですが、この劇場は、そもそも「ウーマン・イン・ブラック」を19年もの長きにわたりロングラン公演している劇場です。まだロングランは続くのですが、9月のこの期間だけ、「JAPAN WEEK」としてこの日本カンパニーの公演を(もちろん日本語で!)上演することとなったわけです。
詳細は2月中旬にホームページでアップ予定ですので、今しばらくお待ちください。

もちろん、国内もパルコ劇場のほか全国7箇所を回ります。
上川隆也さん斎藤晴彦さんのコンビによる上演は5年ぶりです。
お二人から再演への意気込みと、まだ「ウーマン・イン・ブラック」をご覧になったことのない皆様へのコメントをいただきました。
どうぞご覧ください!

上川隆也&斎藤晴彦コメントムービー Vol.1

ロンドンでは19年のロングランと前述しましたが、日本では1992年から既に今回で6度目の公演となる「ウーマン・イン・ブラック」。
それだけ長く愛されるのは何故なのか、作品の魅力はどこにあるのか、ぜひ皆様ご自身の目でお確かめください。

また続報は随時ホームページでご案内したいと思います。
どうぞご期待ください!

[O]

01

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ


Powered by TypePad