「リチャード三世」開幕!

大阪公演、仙台公演を経て、昨日いよいよ赤坂ACTシアターにて「リチャード三世」東京公演が開幕しました!!
劇場ロビーは沢山のお客様とスタンド花で溢れ返り、真冬だというのに熱気すら感じるほど。

ロビーでは公演パンフレット(\2,000)やポスター(大\1,000 小\500)、Tシャツ(\3,500 長袖・色は黒のみ)、公演関連DVDなどを販売しております。
なにせ登場人物の多い物語ですので、特にパンフは必読かもしれません!?

私もようやく東京で観ることができましたが、独特の世界観と疾走感にすっかり舞台に引き込まれてしまい、休憩を含めて3時間半という長さを全く感じませんでした。
個性的な登場人物たちの気迫のぶつかり合いに、久々に鳥肌の立つような思いを味わいました。
ぜひこの感覚、皆様も劇場でご体感いただければと思います。
あ、さすがに新しい劇場とあって、椅子の座り心地も良かったです(笑)。

終演後は1Fロビーにてキャスト・スタッフ総出で初日乾杯が行われました。
翌日の昼公演もなんのその、キャスト・スタッフ入り乱れて大盛り上がりでした!
この勢いで千秋楽まで突っ走ってくださることでしょう!!
Rich090119

リチャード三世」当日券はご希望公演日当日の朝、お電話でご予約いただく形式を取っております。
当日券の詳細についてはこちらのページの「当日券販売」の項目をご覧ください。
他では見られない、全く新しい「リチャード三世」、どうぞお見逃しなく!!

[O]

「リチャード三世」撮影レポート2

本日、パルコ劇場HPにて、「リチャード三世」more infoページがオープンとなりました。
今までの公演詳細ページよりも、ぐっと作品の内容に焦点を当てています。
HPを作るにあたって、やはり写真の力はすごいなあ、と感心しきりなHP担当たちなのですが、その写真、実に4日にわたる撮影の末に出来上がったものでした。

最初は9/17にブログにも書きました古田新太さんの撮影です。
それから少し間を置いて、安田成美さん三田和代さん銀粉蝶さん久世星佳さんら女優陣と山本亨さんの撮影が行われました。

Rich007
その日はスタジオに入ると、すでに山本さんの撮影中。深くフードをかぶってじっと手を組んだ姿は、まるで中世の魔道士のようです。コメントMOVIEの撮影時には、フードを取ってお顔を見せていただきました!

Rich003
続いては安田成美さん。王女という役柄らしく、王冠を頭に乗せての撮影です。
カメラの位置を高くしてみたり、撮影する角度をさまざまに変えて撮りすすめてゆきます。
フードを被ったバージョンはmore infoページのCast&Staffのページでご覧いただけますが、他のカットの写真は公演パンフレットをお待ちください!

Rich008
三田和代さんは古田新太さん演じるリチャード三世の母親・ヨーク公夫人という役柄。
アヴァンギャルドともいえる髪型にご自身びっくりされつつも、「古田さん産んだみたいに見える?」とスタッフに尋ねるお茶目な一面も。
しかしひとたび撮影に入ると、さすが大女優の威圧感!見事なヨーク公夫人の写真が仕上がりました。

Rich009
銀粉蝶さんは髪を結いあげたクールで気品溢れるイメージのスタイリング。額に垂らした髪飾りも煌びやかです。
撮影時にはリチャードへの憎しみを顕わにしたような、迫力の表情を沢山見せてくださいました。しかしコメントMOVIEでは一転、「(観に)いらしてね」と皆さまに可愛らしく呼びかけてくださっていますので、こちらもぜひご覧ください!

Rich002
銀粉蝶さんの撮影の最中、近くの作業テーブル上にこんなものを発見!
なぜブドウが!?と思いましたが、それはこの後すぐに判明することとなりました。
Rich010
それは王妃エリザベスを演じる久世星佳さんの髪を飾る小道具だったのです!
デザイナーの河野さんの斬新なアイデアにびっくりです。いくつか粒を取り除いたり、不要な枝を切ったりと久世さんにぴったり似合うように調整してゆきます。
こちらの写真も、仕上がりはパンフレットをお楽しみに!!

撮影2日目、撮影は深夜に及びました。女優さん方と山本さんの迫力のポラロイドを並べて眺めながらクリエイティブチームが「役者さんってすごい」感心していたのが印象的です。

あくる日、また朝から撮影が始まりました。
Rich022
この日は久保酎吉さんからスタートです。久保さんはリチャード三世の長兄であるエドワード四世王を、仙台公演と東京公演で演じられます。
王様らしく、大きな王冠を被っていらっしゃいますが、これはなんと、太めの蝋燭を並べて溶かし固めたもの。ここにもデザイナーさんの小道具へのこだわりが光ります。

Rich006
続いては天宮良さん
久世さん演じる王妃エリザベスの兄・リヴァース卿役ということで、腕に鷲の剥製を乗せて、キリッとした、かつ渋みのある表情で決めていらっしゃいました。
コメントMOVIEでは、今回の舞台にあたっての楽しみな胸のうちを語っていただいています!

この日の撮影は男性ばかりということで撮影もサクサクと進みます。
Rich021
次なるは若松武史さん。リチャード三世の次兄・クラレンス公ジョージ役ですが、この役はリチャード三世に幽閉されたりと大変に不憫な役どころ…。そんな不遇な運命を垣間見られるような、印象的な表情を沢山見せてくださいました。コメントMOVIEの飄々とした語り口とのギャップをお楽しみください(笑)。

Rich005
大森博史さん
はリチャードに献身的に尽くす、バッキンガム公という役どころ。智略に長けたキャラクターを表してか、ちょっとシニカルな笑みを浮かべながらの撮影です。
手にした小道具が拷問用具のようにも見え、笑顔なのがいっそ恐ろしさを掻き立てます。
MOVIEではにこやかにお話していただいていますので、ご安心ください!

Rich011
続いては藤木孝さん。ヘアメイクに入る前から、デザイナーさんと役どころや撮影のイメージについて入念に打ち合わせていらっしゃいます。
その結果、久保さんとは全く異なるエドワード四世が現出。衣裳の袖さえも表情をもち、ポーズも多彩に、気迫のこもったエドワード四世王の写真が撮りすすめられたのでした。
藤木さんのご出演は12月の大阪公演のみとなります。どうぞお見逃しなく!!

Rich019
川久保拓司さん
は髪をクルクルと巻いて羽織ったフードの裾をたなびかせ、凛々しい王子そのものです!
実は裾は撮影スタッフが少し持ち上げていたりするのですが(笑)、そこは写真のマジック。まなざしも力強いリッチモンド伯の仕上がりはパンフレットをお楽しみに!

Rich018
Rich017
西川忠志さん
増沢望さんはリチャード三世の従者であるラトクリフとケイツビー役。
兵士の役ということで、それぞれに鋸や武器を手に撮影されていました。
恐い殿(=リチャード三世)の下で頑張るその意気込みを、西川さんはちょっと緊張の面持ちで、増沢さんはコミカルにコメントしていただきました。その模様はコメントMOVIEでどうぞ!

この日も撮影は朝から始まって終了は深夜。それでもまだオールアップではありません。

数日空いて、残る榎木孝明さん森本亮治さんの撮影が行われました。
Rich004
榎木さんは川久保さん演じるリッチモンド伯の義父・スタンリー卿役。
巻いた髪を後ろに垂らした、ノーブルで気品あるたたずまいにスタッフからも「かっこいい」と声が上がります。
コメントMOVIEでも、低く訥々と話す声が印象的でした。

Rich020
ラストの森本亮治さんは、凛々しい眉と黒々とした目が印象的な、川久保さんとは違ったタイプの王子に変身。
キリッとした表情で、川久保さん同様フードの裾をたなびかせての撮影でしたが、一転コメントMOVIEでは撮影の裏側を大暴露!?
大サービスのMOVIEをぜひお楽しみください。

そんなわけで足かけ4日間にわたり、撮りに撮ったいのうえさん+16名のキャストの皆さんのスチール撮影。もちろんコメントMOVIEも前代未聞の17本がアップされました!
「リチャード三世」大阪公演・仙台公演はチケット好評発売中!東京公演は11月22日(土)より一般前売り開始です!
実力派俳優勢ぞろいの今作、どうぞお見逃しなく!!

[O]

「リチャード三世」スチール撮影

久々に夏が戻ってきたかのような天気の先週末、他のキャストより一足早く、「リチャード三世古田新太さんのスチール撮影が行われました!

天井の高いスタジオをすっぽり覆うように下げられた白い幕。その中が今回のセットです。
中には黒い台があり、そこに古田さんが座ってポーズを取っています。
撮影中はこんな感じです。カメラマンさんも低い体勢で、すっぽりと布を被って撮影していらっしゃいます。

R3_01

小さい写真ですが、古田さんのメイクや衣裳がすごいことになっているのがお分かりになりますでしょうか。
出来上がりの宣伝写真も、近々お見せできるかと思いますので、どうぞお楽しみに!!

リチャード三世」関連情報として、本日、1997年に安田成美さんが出演された「シルヴィア」のmore infoページをアップしました。
なんと安田さんの初舞台は“犬”の役だったのです。当時の舞台写真などもアップしています。こちらも併せてご覧ください!

[O]

怪優・古田新太、真骨頂のピカレスク!『リチャード三世』

このブログではまだご案内できていませんでしたが、8/24に『リチャード三世』の情報がオープンになりました。
既にご存知の方も多いかとは思いますが、シェイクスピアによる史上最強の悪党“リチャード三世”の物語を、いのうえひでのりさん演出、古田新太さん主演でお贈りします。

既に第一報としてアン役に安田成美さんのご出演が決定したことをホームページでご案内したのですが、本日も続々と情報が更新されています。
榎木孝明さん大森博史さん三田和代さん銀粉蝶さん久世星佳さん若松武史さん藤木孝さん…いずれ劣らぬ実力派揃い!濃ゆーい、渋ーいキャスト陣によって、古田さんの悪役っぷりが一層際立つに違いありません。

12月22日(月)より大阪で先に幕を開け、年明けに仙台公演、そして1月19日(月)より赤坂ACTシアターへと凱旋する、真骨頂のピカレスク!
リチャード三世』、どうぞご期待ください!!

続報はどんどんホームページでアップして参りますので、週に一度はリロードをお忘れなく(笑)!

[O]

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ


Powered by TypePad