「変身」DVD、今秋発売決定!

つい今ほど放送を終えました、ル テアトル銀座 by PARCO 3月公演、PARCO Presents「変身」のDVD化が決定しました!
Henshindvd

変身」の原作は言わずと知れたフランツ・カフカの名作。スティーヴン・バーコフが脚本・演出・美術・音楽を手がけ、『家族』の普遍的な姿を独特な手法で描いたこの作品は、日本では1992年以来18年ぶりの上演。
森山未來穂のか福井貴一丸尾丸一郎、そして久世星佳永島敏行というキャスト陣を迎えてル テアトル銀座 by PARCOを皮切りに岡山、大阪、福岡、富山、新潟と公演を行ないました。

Twitter上では放送中も話題沸騰!実況ツイートがあちこちで散見し、沢山のご感想をいただきました!
#sbhenshin2010 #etv のハッシュタグに今なら沢山の感想が残っていますのでぜひご覧ください。

DVDでは、この放送された本編はもちろんのこと、森山未來さんのインタビュー初日記者会見の模様バックステージ東京公演千秋楽や新潟公演千秋楽でのキャストコメントなど、DVDでしか観られない特典映像が満載!もちろん、スティーヴン・バーコフ氏のインタビューも収録。実に独特なこの作品の、真の狙いや演出意図などを、ご本人の映像からぜひ見て聴いてください。

詳細は9月発表予定!もちろんパルコ劇場オンラインショップで先行予約も行ないます!
続報をどうぞお待ちください!!

[O]

「変身」のご感想をTwitterで公募しています

ただいまル テアトル銀座 by PARCOで絶賛上演中の舞台「変身」。
もう東京公演も後半戦にはいり、ますます盛り上がりを見せています。

先日、パルコ劇場のTwitterアカウントの方で、「感想を#henshin_impをつけてつぶやいていただきたいのです!」とお願いしたところ、沢山のご感想をお寄せいただきました!

その第一弾を本日アップしましたので、こちらでもご紹介します。
http://www.parco-play.com/web/play/henshin/twitter.html

そして、本日から同じつぶやきを劇場ロビーでもご紹介させていただいております。
こんな感じです!
100317_192301

100317_192501

100317_192401
(撮影:Kさん ありがとうございます!)

これからご観劇の方は、ぜひお早めに劇場に行ってじっくりと読んでみてください。
いずれも素敵なご感想ばかりです!

感想は地方公演ラストの新潟公演翌日、4月14日(水)10:00AMまで受け付けております。

HPの方は毎週水曜日アップ予定!どうぞお楽しみに!

[O]

「変身」開幕直前レポート!

初日をいよいよ翌日に控えた5日、ル テアトル銀座 by PARCOにて「変身」フォトコールと森山未來さん永島敏行さん穂のかさんの囲み取材、そしてスティーブン・バーコフ氏の合同取材が行われました。

お客様のご来場を待つ客席にいち早く報道陣が入り、まずはフォトコールが始まります。
フォトコールは、今までにも何度かこのブログに登場していますが、短い公開ゲネプロのようなもので、全編の抜粋であったり、頭から一部分だけを上演したりします。
今回は「変身」の頭から30分ほどだけを上演し、それを各媒体の皆さんに見て、撮影・収録していただきました。
幕が開いていかにも象徴的なセットと、白塗りのちょっと奇抜とも言えるヘアメイクのキャストが登場するや否や、客席の報道陣の皆さんが息を飲んで見入っているように思われたのは、私の気のせいでしょうか?
いや、一番上でカメラ回しながら見ていたので、気のせいではないはず(笑)。

Henshin0305_1_2

30分ほどの上演が終わり、すぐにロビーにて囲み取材です。
舞台衣装のままの森山さん、永島さん、穂のかさんが登場し、インタビューとフォトセッション。
稽古場の様子は?という質問に森山さん「みんなバーコフの世界を理解するのに必死になっていました。日本にあまり無い種類の演劇なので、それを理解していくことに頭と身体を使った感じです。まあ、主に身体かな(笑)」と振り返ります。永島さんも「自分の既成概念を壊していかないと先に進めなかった。濃度の濃い、終わるとヘトヘトになってしまうような稽古場でした」と。稽古の大変さが想像されます。

穂のかさんは初舞台ということで、「右も左も、何がわからないかもわからないスタートで、毎日が勉強の日々でした。今もです」と謙虚なお言葉。
すると森山さんから「台本がもう文字だらけだもんね(笑)」とちょっとした暴露が!?
台本に真っ黒になるくらいに書き込みをされていたそうです。勉強家ですねー。
「(まず)大前提に、楽しいんですよ」とおっしゃっていたのが印象的でした。

Henshin0305_2_2

最後にお三方それぞれから意気込みを伺いました。

森山:もう、見てのとおりです。ぜひバーコフとカフカの世界を楽しんでいただければと思います。精一杯やりますので観にいらしてください。

永島:2時間弱なんですけども異空間に入れるような芝居になっているのではないかと思います。ぜひ、観にいらしてください。よろしくお願いします。

穂のか:私の右も左も何もわからぬまま初舞台、みなさんに支えられて、すごい内容で、すごいことになっていますが、楽しみながらやっているので皆様ぜひ観に来てください。

フォトセッションでは、森山さんはカメラマンからの「虫っぽいポーズをお願いします」という無茶振りに答えてくださいました。これです(笑)。

Henshin0305_3_2

そして最後は脚本・演出・美術・音楽を一手に手がけるスティーブン・バーコフさんの合同取材です。
今回グレゴール・ザムザを演じる森山さんについては、「素晴らしい役者で人を惹きつけるカリスマ性を持っていると思います。役にも合っていると思います」とコメント。
グレゴールが朝起きたら虫になっている、という出だしが有名なカフカの「変身」ですが、今回の舞台では「最も力強いシーンは後半にある」とのこと。虫になったグレゴールに対してその家族たちがどのような感情の移り変わりを経て、「変身」してゆくのかも見所のようです。
一問一問力強く、身振り手振りを使いながら答えてくださいました。

Henshin0305_4_2

変身」は明日6日(土)17:30よりいよいよ開幕!
当日券は開演の60分前より、ル テアトル銀座 by PARCO 3F受付にて販売いたします。
目に、耳に、心に訴えかける名作、どうぞご期待ください!

[O]

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ


Powered by TypePad