« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

【美輪明宏/ロマンティック音楽会】名古屋公演10月23日(木)愛知県芸術劇場大ホール公演延期のお知らせ 

【美輪明宏/ロマンティック音楽会】名古屋公演

 10月23日(木)愛知県芸術劇場大ホール公演延期のお知らせ 

10月23日(木)愛知県芸術劇場大ホールにて開催を予定しておりました
「美輪明宏/ロマンティック音楽会」名古屋公演ですが、11日(土)より美輪明宏氏が急性喉頭炎で声が枯れており、残念ながら未だ十分な歌唱が行えないため、本公演を延期とさせて頂きます。


 美輪明宏直筆コメント 

 

なお、延期公演、またチケットの払い戻し等につきましては、下記「延期公演のお知らせ」をご覧下さいませ。

心待ちにして頂いたお客様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承頂きますようよろしくお願い申し上げます。

(公演企画制作)パルコ

(名古屋公演主催)テレビ愛知

(名古屋公演主催)キョードー東海


名古屋延期公演について 

10月23日(木)愛知県芸術劇場大ホール公演は、下記日程へ延期開催させて頂きます。
公演延期日:2015年1月22日(木)18:30開演
会場:愛知県芸術劇場大ホール
 お問合せ先:キョードー東海/TEL:052-972-7466(10:00~19:00日・祝休)

※お手持ちのチケットはそのままご使用になれますので、大切にお持ち下さい。

なお、当日都合がつかないお客様に関しましては、払い戻し対応をさせて頂きます。

払い戻し期間と払い戻しプレイガイドにつきましては、下記をご参照下さい。

 

 

(公演企画制作)パルコ

(名古屋公演主催)テレビ愛知

(名古屋公演主催)キョードー東海

 

 

【払い戻し受付期間:10月24日(金)~ 11月15日(土)】


【キョードー東海にて直接購入、又は郵送にてご購入のお客様】

※弊社に直接ご来社、又は公演会場内での来場者販売、電話予約購入にて郵送受取り(黄色い封筒)を頂きましたお客様。

◇キョードー東海のご来社にて払い戻しいたします。
払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月15日(土)19:00 ※日祝休

◇遠方等、お越しいただけない場合は簡易書留でチケットをご返送ください。 ※11月15日必着

・ご返金はチケット代及び簡易書留郵送代(上限450円)のみとなります。
・普通郵便でお送り頂いた場合の未着事故などにつきましては、弊社では責任を負いかねますので予   めご了承下さい。
・簡易書留郵送代(上限450円)を上回るチケット返送差額料金についてはご返金し兼ねます。

<ご送付いただくもの>
1、チケット
2、以下の5項目を明記したメモ(全て必須)

・チケットご購入のお客様名 ・連絡可能な電話番号 ・郵便番号 ・住所 ・チケット枚数

<ご返送先>
〒460-0003 名古屋市中区錦3-15-15 CTV錦ビル7F 

キョードー東海「美輪明宏/ロマンティック音楽会」宛
※返金につきましては【チケット代金+簡易書留代】を現金書留にて11月末日までに郵送を予定しております。

お問合せ:キョードー東海 052-972-7466(10:00~19:00日祝休)


【チケットぴあ及びキョードー東海チケットオンラインにてご購入のお客様】

払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月15日(土)23:59です。

<セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗にて、チケットを発券されたお客様>
発券した店舗で払戻しを致します。払戻期間内に発券した各店舗に、チケットをご持参の上、ご来店下さい。店舗で発券されたチケットには、券面下側にお買い求め頂いた店舗名が記載されています。
※セブン-イレブンでは、24時間払戻が可能です。
※サークルK・サンクスでの払戻し(チケットぴあサービス時間は)あさ5:30~深夜2:00です。
※チケットぴあ店舗の営業時間は店舗により異なります。【http://pia.jp/shoplist/】にてご確認ください。

<チケットを配送引取りされたお客様>
払い戻し期間は、2014年11月15日(土)必着分までとなります。チケットを「簡易書留」「宅配便」「特定記録郵便」でチケットぴあメールセンターまでご返送ください。

その際、チケットとメモ(①ご返金先の住所②お名前③連絡可能な電話番号④返送チケットの単価⑤返送チケットの枚数を記載)を同封して下さい。

<ご返送先>
〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター「美輪明宏/ロマンティック音楽会 名古屋公演」宛

<WEBにて購入頂き、チケット代はお支払済みだが、チケットは発券されていないお客様>
[サークルK・サンクス、ぴあ店舗で発券]を選択されたお客様
→ Myページの購入履歴から払戻期間内に払戻し申込のお手続きをして下さい。

[セブン-イレブンで発券] を選択されたお客様
→ 払い戻しを行う際は、一度セブン-イレブンの店舗でチケットを発券いただく必要があります。発券した翌日10:00AM以降、発券いただいた店舗で払い戻しをいたします。払戻期間内にチケットをお持ちの上、お手数ですが再度ご来店ください。

キョードー東海チケットオンラインでの払戻に関してはこちら→http://kyodotokai.pia.jp/guide/refund.jsp チケットぴあでの払戻に関してはこちら→ http://t.pia.jp/guide/refund.html
お問合わせ:チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111(オペレーター対応:10:00~18:00)

 


【ローソンチケットでご購入のお客様】

払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月15日(土)23:59です。

<ローソン、ミニストップ店舗にて、チケットを発券されたお客様>
発券店舗(ローソン、ミニストップ)にて払い戻しをいたします。
払い戻し期間内にお支払いされた各店舗に、チケットをご持参の上、ご来店ください。
Loppiから払い戻しの手続きをお願い致します。

<チケットを配送引取りされたお客様>
最寄のローソン店舗で払い戻しを致します。
払戻期間内にチケットをご持参の上、ご来店ください。

ローソンチケットでの払戻に関してはこちら→ http://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/

お問合せ:ローソンチケット 0570-000-777(10:00~20:00) 


【イープラスにてご購入のお客様】

払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月15日(土)23:59です。

<ファミリーマート、セブン-イレブンで発券されたお客様>

発券した店舗での払い戻しとなりますので、所定の払戻期間内に、対象のチケットを発券した店舗へご持参ください。

 <配送で受取りされたお客様>
所定の払戻期間内に、対象のチケットをイープラス(株式会社エンタテインメントプラス)へ特定記録郵便でご返送ください。取りまとめたチケットと、下記希望払戻先情報を記入したメモを同封してください。

<ご返送先>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー21階
株式会社エンタテインメントプラス
カスタマーフロント部 「美輪明宏/ロマンティック音楽会」 公演係

<同封メモ>
・氏名/住所/電話番号/金融機関名/支店名/口座番号/口座名義(カナ)

 イープラスでの払い戻しに関してはこちら→http://eplus.jp/refund2/

 


【CNプレイガイドにてご購入のお客様】

払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月15日(土)22:00です。

<セブン-イレブン・ファミリーマート受取の方>
お引取りいただいた店舗での払戻しとなります。
※払戻期間を過ぎてしまいますと払い戻しが出来なくなりますので、十分ご注意ください。
 お買い求めになられた各店舗にて払戻し手続きをお願いします。
 各店舗のレジにてチケットを渡し、「払戻し」であることをお伝え下さい。
※払戻し方法の詳細は、「http://www.cnplayguide.com/refund/」をご確認お願いいたします。

<チケットを配送でお受け取りいただいたお客様>
期間の最終日までに弊社必着。
※ただし、最終日が土・日・祝の場合は、その前の平日までにお送りください。
 チケットと返金振込先の銀行口座の銀行名・支店名・口座名・口座番号・口座名義人(フリガナ)・電話番号を明記したメモを同封の上、お客様がご入金されたCNプレイガイド東京本店まで、郵便局の「簡易書留」または宅配便等、必ず送付・受取双方の記録がお客様と弊社とに残る方法でお送り下さい。

<ご返送先>
東京本店:〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-2 BHビル
「 CNプレイガイド [美輪明宏/ロマンティック音楽会] 払戻係 」宛

 CNプレイガイドでの払い戻しに関してはこちら→ http://www.cnplayguide.com/refund/

お問合わせ:CNプレイガイド 0570-08-9999(10:00~18:00)

<セブンチケットにてご購入のお客様>

チケットをご購入したセブン-イレブン店舗にて払戻を受付致します。

店舗にチケットをご持参の上、払戻し手続きをお願いします。

 

 

上記払い戻し期限は必ずお守り下さい。

期日を過ぎますと、払い戻しを致しかねますので予めご了承下さい。

「ウィズ-オズの魔法使い-」キャスト決定!

本日、2015年3月上演「ウィズ-オズの魔法使い-」のドロシー役最終オーディションが行われました。2015年版ドロシーは、なんと梅田彩佳と田野優花の2名に決定!!新たなドロシーにどうぞご期待ください!!

そして、その他のキャストも発表!


スーパー・ソウルフル・ミュージカル
ウィズ
~オズの魔法使い~

原作/ライマン・フランク・ボーム『オズの魔法使い』
脚本/ウィリアム・F・ブラウン
作詞・作曲/チャーリー・スモールズ
翻訳・演出/宮本亜門
訳詞:森雪之丞 編曲:Nao’ymt
音楽監督 益田トッシュ 振付:仲宗根梨乃
美術監修:増田セバスチャン  衣裳デザイン:岩谷俊和
映像デザイン:真鍋大度

THE WIZ
 The Super Soul Musical The Wonderful Wizard Of OZ
Adapted from The Wonderful Wizard Of OZ by L. Frank Baum:
Book by William F. Brown  Music and Lyrics by Charlie Smalls

 

梅田彩佳/田野優花 ドロシー

佐賀龍彦【LE VELVETS】  かかし

施鐘泰(JONTE) ブリキ男

エハラマサヒロ  ライオン

小柳ゆき  南の善い魔女・グリンダ

瀬戸カトリーヌ   北の善い魔女・アダパール

仲宗根梨乃           黄色い道の案内人

吉田メタル      エメラルド・シティの門番

陣内孝則       ウィズ                    

穴沢裕介  飯田一徳  池田一葉  エリアンナ 丘山晴己

CRAZY SHIZUKA  田口恵那  つとむ  戸室政勝   FISHBOY

BOW  MAEDA  MIHO BROWN    廻修平  矢野祐子 

                         

 2015年あの傑作ミュージカルが帰ってくる!

 ヒロイン・ドロシーは、AKB48プロジェクト・メンバーから〝ガチ″オーディションで選出。

超個性的でパワフル&カラフルなキャスト陣と最高のダンサーたち。

スタッフは現代日本のポップカルチャーを牽引するクリエーターぞろい。

あのマイケル・ジャクソンやダイアナ・ロスをも魅了した名曲にのって、

あなたもドロシー、かかし、ブリキ男、弱虫ライオンたちと

「本当に欲しいもの」を手に入れる旅に出ませんか?

だれもが元気になるスーパー・ソウルフル・ミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』、

どうぞご期待ください!!

 

 

■公演スケジュール(予定)

TOKYO 2015年3月8日(日)~22日(日) 東京国際フォーラム ホール 後援:TOKYO FM

OSAKA 2015年4月3日(金)~5日(日) 梅田芸術劇場メインホール

NAGOYA 2015年4月17日(金)~19日(日) 愛知芸術劇場大ホール

FUKUOKA 2015年4月25日(土)~26日(日) キャナルシティ劇場

 

企画制作:㈱パルコ

製作:日本テレビ放送網㈱/(株)パルコ

 

「ウィズ-オズの魔法使い-」の今後の展開にどうぞご期待ください!!

「忘れな草」高校生モニターの皆さんの感想をご紹介!

現在パルコ劇場にて絶賛上演中の、カンパニー・フィリップ・ジャンティ「忘れな草」をご覧になった高校生モニターの皆様から、公演のご感想をいただきました。

素直な目で見た率直なご感想の数々、とても素敵なものばかりですので、ぜひご紹介させていただきます。

あなたの目には一体このステージはどう見えるのか?それはどうぞ、劇場でお確かめください!


1.

とても幻想的でまるでCG映像をみているかのようでした。始終通して感じたのは計算された不安定。踊り表情どの場面をとっても計算された面白さがあって、流動的というかまばたきをしたら次には今のものは無いんだという儚さと楽しさで現実を忘れた90分でした。
身近にあるものを使っていると事前に知っていたのに全くそれを意識させなかった!後に考えればあああの時の布はどういう素材で、ああいう風に光をあてると面白い効果が出るのだなと思ったり。途中で集中が切れることがなかったので思考の現実に戻ることがなかったのも楽しく見ることができた原因かも。
出演者のコミカルな動きと表情が個人的にとても好きでした。確実に顔を照らさなければならない照明だったのもとても良かったです、筋肉の凹凸やアジア人ではない彫りの深さとかが際立って現実味が薄れたのは良いなあと思いました。

2列目のど真ん中で見たせいか、低いところでやっていたと思われる演技がよく見えなかったのが残念です。前の頭ですっかり隠れてしまった。

素敵な舞台をありがとうございました。公演の成功を祈っています。

 


2.

まず、1番思ったのはエンターテイメントだなと思いました。 

布などよくあるものを使っていて、でもそう見えないくらいに世界観が作られていて、その世界観に引き込まれました。
1つ1つの動きや表情がすごく計算されていてちょっと隠れた一瞬に猿が出てきたりして、そこが見えないので観客の集中が切れないし、逆にすごくてさらに引き込まれていく、というのを繰り返してあっという間に時間がすぎていきました。
舞台上でスキー板を使って滑るというものを初めて観たので、舞台で出来ないことは無いんだなと思い、とても興奮しました。
バケツの中の液体を最初はスポンジを使っていたのが最終的には全部を使っていて、これもまた興奮しました。
役者さんのストップモーションが本当にピタリと止まっていて、途中でマネキンと変わったのかなと思うくらい、びくともしていなくてすごいと思いました。日々の努力って必要なんだなと感じました。
もう1度観たいと心から思いました。


3.

正直なところ、「忘れな草」という作品の意味を、私はほとんど理解できていません。猿は最後まで猿で、人形と人間がいる意味もよくわかりませんでした。
けれど、あらすじを読めば大体の話の流れがわかりましたし、言葉にすることができない何かが心に響いてくる感じや、はっと目を奪われる場面、コミカルな動きに笑う場面などが沢山あり、とにかく楽しい舞台でした。台詞の少ない舞台はよくわからないという理由で敬遠しがちだったのですが、そんなマイナスのイメージを払拭されました。気持ちすべてを言葉にする必要はなく、感じることのほうが大切なのだと、舞台が教えてくれたからです(教えるつもりがあったのかはわかりませんが……)。
「忘れな草」は、作品全体としての意味がわからなくても楽しめる舞台でしたが、意味を理解しようとして、自分なりにでも答えが出ればもっと面白い作品になると思います。ぜひもう一度「忘れな草」を見て、新たな発見をしたいと考えました。


4.

この度は、とても貴重で豊かな時間をありがとうございました。
今後の成長の糧としていきます。

以下感想です。

先ず以って、僕がこの舞台から最初に受けた印象は、

「虚無感が漂う舞台だなぁ」

である。
何故猿っぽいマスクなのかはわからないが、彼女の思い出を集めるだけ集め、さっさと行ってしまった夢の配達人。彼らによって、何かわからない者の夢が奪われていく。そこになんとも言えない虚しさを感じた。
表現自体に目を向けると、独特な舞台装置、ありふれた身近な道具、そして人形、水などを駆使して、不思議に、コミカルに、そして残酷に描いていた。特に、ノルウェーの役者さんということもあり、よりコミカルさにおいて強調されていたように思う。
人間に憧れながら歌う何者かの元へ突然現れた配達人。彼らが集めた夢のかけら。何故彼らはそれを集めるのか。もしかしたら、彼らが彼女に見せたひと時の夢物語なのかもしれない。
しかしながら、喋ることの制約がない筈の配達人ではなく、決してそうではない彼女のみが、声による表現(歌)を行ったというのは、中々シニカルが効いているなと思い、そこに夢の儚さ、現実の脆さを見た。


5.

不思議で手の届かないような世界観で、視覚や聴覚だけでなく、空気から魅了してくるような舞台でした。舞台装置の絵がのっぺりと描かれていることで、距離感覚がとまどい、異質な空間に感じられました。最初に猿が歌ったいるシーンでまず引き付けられ、そこから一度も舞台から目を離せず、一時間半の公演が終わった後に初めて舞台から視線を外すことができました。全体的なストーリーとしては完全に理解することはできませんでしたが、ストーリーを楽しむだけではなく、パフォーマンスとして、芸術作品としてだけでも楽しめたので、理解できないからつまらない、などとと言うことは全く無く、驚きました。それどころかストーリーが完全にわからないことで「忘れな草」の意味を自由に各々が考えることができ、観る人の数だけ作品が生まれてくる、とてつもなくはばの広い深みのある作品だと感じます。また、小道具が魅力的でした。非常に精巧に作られた人形、パペット、羽、布などそれぞれがひとつの作品として成り立っていて一時間半を濃厚に過ごさせてくれるものばかりでした。そしてそれを扱う俳優さんたちの肉体、オーラ、声、表情がそれらの魅力を引き出していて、人と無機物はこんなにも溶け合えるのかと感動しました。もっと何回も何回も見たいと思わせてくれる、本当に魅力のある舞台だったと思います。 


6.

始めは「何か奇妙だな」と言う印象で観ていましたが、ストーリーが進むにつれて奇妙と言う印象が「楽しい」という印象に変わりました。今まで、人の人生を演劇やミュージカルなどを通して観たことはあっても、今回の様にセリフも歌もない、パフォーマンスだけで観たことは無かったのでとても新鮮に楽しめました。パフォーマーの方々の動きや表情も自分が見たことのないものばかりで、人形との一体感を始め、表現の素晴らしさに圧倒されました。
パフォーマンスに合わせて流れていた曲にも魅了されました。全体のパフォーマンスの動きが、曲のメロディーやリズムの細いところまで合っていて、観ていて飽きることがなく、心が弾む思いで楽しめました。特に最後の場面のバケツを持ったパフォーマンスは、同じ動きをしている様でよく見ると細かく違った動きをしているのが分かりました。パフォーマンスが曲調に完全一致していてストーリーの世界に溶け込んでしまいました。
今まで観たことのない、新しい舞台芸術に触れることの出来た素敵な時間でした。
ありがとうございました。 


7.

この度は、高校生モニターを設けていただきありがとうございました。
今回初めて触れたフィリップ・ジャンティの世界は、とても不思議で幻想的でした。明るさや綺麗さだけではない、もっと深い潜在意識のような空間の覗き見しているようでした。
劇中は騙される連続でした。顔が瓜二つの人形と人間が、一斉に人形に見えたり人間に見えたり、反転して混乱する瞬間が沢山ありました。
舞台空間を分ける照明がとても綺麗でした。それが入った時空気の変わり方スムーズであっと言う間にまた違う世界を観て、彼らが妄想の中にいるのか、現実の中で動いているのか、流れるような踊りと歌声の魔法にかかったように舞台をずっと観ていました。
「忘れな草」は私にとって大好きな忘れない作品です。今回感じたこと、受け取ったことを、これから活かしていきたいと思います。今後もこのような機会を設けていただけると嬉しいです。


8.

私は初めて海外の方の舞台を観させて頂いてとても刺激を受けました。海外の方の舞台はやはり日本の舞台とは決定的に違うモノがありました。この作品は演劇、身体表現を超えた私にとって新しい舞台表現でした。あまり言葉を使わないのにあれだけ心に深い感動を残していく舞台は初めてです!身近な紙などをあれだけダイナミックに使う演出はとても素敵で新しくてとっても好きになりました!人形が本物のように見えたり、いなかったはずの人が出てきたり。本当に終始驚かされっぱなしでした。舞台美術や、音楽、照明も舞台をより一層楽しませてくれる造りになっていて良かったです!
また、パルコ劇場で舞台を観させて頂くのは初めてだったのですが、舞台ととても距離が近く、とてもワクワクしました。劇場内の雰囲気も舞台を観るぞ!観に来たぞ!という気持ちにさせてくれて好きでした。また機会があれば来たいです!
海外の方の舞台を見られる劇場はそんなにありません。ですが、刺激をもらえる海外の方の舞台をもっと観たいです。今回だけでなく、これからも是非海外の方の舞台をパルコ劇場さんでやって欲しいです!


9.

今回の舞台”忘れな草”は、今まで見たことのない演出の方法でした。私が驚いた演出方法は、舞台の上で水をかけたりスキーをすることです。私には舞台ではそんな事しちゃいけない、しないだろう。という固定概念がありました。しかし、何かを表現するには何だっていいんだ。そんな事を言われたような気がしました。私の固定概念をひっくり返したのがこの舞台です。固定概念というものは私の表現力の幅を縮めているのではないかと思いました。始まってすぐの人形と人間とのパフォーマンスは特に印象に残っています。最初見ていて、人間が人形を動かしていることに気づかずどうやって動かしているのか疑問でした。しかし次第に分かって来た時はとても驚いたと共に、見たことのない演出の方法に新鮮さを感じました。その為に役者と同じ顔の人形にして、リアルに、ばれないように作った美術スタッフさんはすごいとと思います。また、舞台中何度も人形と役者が入れ替わっていて、それに気づいたり気づかなかったり。そこに注目して見るのも面白かったです。さらに猿の不気味な鳴き声、行動によって舞台の中の独特の世界観をより一層強めていたとも思いました。猿が女の人をおんぶしている時、男の人がボールに乗ってる時、そこには様々な仕掛けがありました。そしてその仕掛けを破った視点で見る事と、仕掛けを破らずおんぶされているという視点で見る事は、受け取る側としては全く違う解釈、面白さがでてくると思いました。それは視覚的なトラップで、見ていて独特な舞台の楽しさが伝わってきました。この舞台は結構コメディー要素があったように感じます。しかしそこだけにとどまらず、演出、美術、照明全てが新しい表現の仕方でとにかく素晴らしかったです。また見たい。誰かに見て欲しい。そう思える舞台でした。今まで見たことのない世界を舞台を見させていただいて本当にありがとうございます。大きな経験になりました。 


10.

観る前はコンテンポラリーダンスを駆使した、現代的な舞台芸術なのかな、というイメージで、正直演劇的な面での期待はしていなかったのですが、みおわった今は全く違うイメージを抱いています。予想よりもダンスが少なく、表情や声を使ったアピールは私好みのものでした。また、演出、舞台装置において今までの演劇では見たことのない、新たな手法が取り入れられていてすごく勉強になりました。特に、女性が風が通ることによって次々と形を変える布を持ち、男たちを翻弄するシーンではすっかり魅入ってしまいました。前のめりになり隣の席の友達に注意された程です。その他にもキャストと全く同じ顔をした人形、そしてそんな人形と見分けがつかないくらいの動きをするキャスト達…とても面白かったです。 

個人的な話になってしまうのですが、私は以前、ダンサーと演技者の違いとして「酔っ払った人をやれ」と言われたときにダンサーはダンスになってしまう、つい癖で美しくなってしまうが演技者はリアルな酔っ払った人になれる、演技者は汚く食いつかなきゃいけない、という話を聞きました。忘れな草ではダンサーというよりも演技者としてキャストを見ることができ、感動しました。


11.

最初の役者が視界に入った途端、私は恐怖を覚えました。それが人間に近しいが決して人間ではない、「猿のような何か」だったからです。その不安感は終演まで私にずっと付きまとっていました。
猿のような何かが美しく儚げに人間の歌を歌っている姿は「猿の惑星」彷彿とさせました。
数々のマジックやコミカルなシーン、幻想的な場面は本当に自分を恐怖とともに夢の中に連れて行ってくれるようでした。
もう1度観たい、でも2度目はあの感覚がなくなりそうで怖い。そんな舞台でした。
 


12.

今回の観劇、とても楽しめました。 

何度も噛み締めて味わいの深まるような作品だったと思います。冒頭の猿の登場からとても引き込まれました。全体として、マジックなどアナログな工夫で幻想世界を描いているということに好感を持てました。
例えば歌舞伎などで黒子は見えているけれど見えないことにする、という日本的な舞台表現がありますが、今回の観劇ではそれに似たような品やデジタルな手法では得ることのできない感動を得ました。
猿が遠くの方に人の列を見つけた場面など映画的な場面がたくさんあったように思えます。僕は高校で映像を学んでいるということもあり、映像だったらどうするだろうかと考えながら見ていた部分がありました。ですがこの作品に関しては映像化は不可能でしょう。映像として作ることはできても今回の観劇のような感動は得られないと思います。作者は舞台を愛し、深く掘り下げているんだなと感じられました。
これは一つの疑問ですが、最初人形の一つの頭が外れ首に皮一枚でユラユラと揺れていたのはハプニングだったのだろうかと少し考えてしまいました。その後に首が取れる演出があるので物語状必然だったようにも思えるのですが、あきらかに人形の首を気づかっているようなところがあったので気になりました。  


13.

『観客を欺く鮮やかなトリック、人間と人形とが混じり合う不思議で幻想的な空間。』_「忘れな草」チラシより
劇場に入ると舞台上には北極の世界が広がっていました。これからここで何が始まるのか、どんな舞台なのか期待が募りました。
暗闇の中から聞こえてくる歌声。明かりがつくと、そこにはドレスを着た猿が。思いもよらない始まりに、早くも「忘れな草」の世界に引き込まれました。
人間と人形。一人一人が自分と顔も同じ等身大の人形を操り、 時には他の人間に人形や自分自身を操られる。 人間なのか人形なのかわからなくなっていく中、 次々に不思議なパフォーマンスが繰り広げられます。このなんとも言えない世界観をパフォーマーと共に作り上げているのが歌や音楽、そして様々な素材です。どれも洗練されていて言葉をたくさん喋る事や豪華な衣装、セットがなくても、この幻想的な空間には十分でした。 パフォーマーと同じ時、空間を過ごすことで得られるもの、 生で、劇場で観ることの意味を改めて教えてくれる作品だと思いました。


モニターの皆様、素敵なご感想ありがとうございました。

カンパニー・フィリップ・ジャンティ「忘れな草」は26日(日)までパルコ劇場にて上演中!

当日券は開演の60分前よりパルコ劇場受付カウンターにて販売いたします。

まだまだたくさんのご来場をお待ちしております!!

【美輪明宏/ロマンティック音楽会】10月16日(木)~19日(日)シアター・ドラマシティ公演中止に伴う振替公演決定のお知らせ

美輪明宏氏の急性喉頭炎により中止となりました「美輪明宏/ロマンティック音楽会」の10月16日(木)~19日(日)シアター・ドラマシティ公演ですが、下記日程で振替公演を開催させて頂きます。

振替公演日:2015年3月5日(木)18:30開演
        2015年3月6日(金)15:00開演
        2015年3月7日(土)15:00開演
        2015年3月8日(日)15:00開演

会場:シアター・ドラマシティ

お問合せ先:キョードーインフォメーション
        TEL:06-7732-8888(10:00~18:00)

お手持ちのチケットは曜日ごとにそのままご使用になれますので、大切にお持ち下さい。

2014年10月16日(木)18:30開演のチケットをお持ちのお客様
→2015年3月5日(木)18:30開演をご覧いただけます。

2014年10月17日(金)15:00開演のチケットをお持ちのお客様
→2015年3月6日(金)15:00開演をご覧いただけます。

2014年10月18日(土)15:00開演のチケットをお持ちのお客様
→2015年3月7日(土)15:00開演をご覧いただけます。

2014年10月19日(日)15:00開演のチケットをお持ちのお客様
→2015年3月8日(日)15:00開演をご覧いただけます。


なお、当日都合がつかないお客様に関しましては、下記の方法にて払い戻し対応をさせて頂きます。

払い戻し受付期間:10月24日(金)~ 11月3日(祝・月)

【ダイレクトメールにてご購入のお客様】

払い戻し期間は、2014年11月3日(月・祝)必着分までとなります。

ダイレクトメールにてご購入のお客様には返信用封筒をお送り致しますので、お送りした返信用封筒にて郵便窓口でチケットぴあメールセンターまでご返送下さい。

その際、チケットとメモ(①ご返金先の住所②お名前③連絡可能な電話番号④返送チケットの単価⑤返送チケットの枚数を記載)を同封して下さい。

<ご返送先>
〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター「美輪明宏/ロマンティック音楽会」宛


【チケットぴあにてご購入のお客様】

払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月3日(月・祝)23:59です。

<セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗にて、チケットを発券されたお客様>
発券した店舗で払戻しを致します。払戻期間内に発券した各店舗に、チケットをご持参の上、ご来店下さい。店舗で発券されたチケットには、券面下側にお買い求め頂いた店舗名が記載されています。
※セブン-イレブンでは、24時間払戻が可能です。
※サークルK・サンクスでの払戻し(チケットぴあサービス時間は)あさ5:30~深夜2:00です。
※チケットぴあ店舗の営業時間は店舗により異なります。【http://pia.jp/shoplist/】にてご確認ください。

<チケットを配送引取りされたお客様>
払い戻し期間は、2014年11月3日(月・祝)必着分までとなります。
配送引取りにてご購入のお客様には返信用封筒をお送り致しますので、お送りした返信用封筒にて郵便窓口でチケットぴあメールセンターまでご返送下さい。
その際、チケットとメモ(①ご返金先の住所②お名前③連絡可能な電話番号④返送チケットの単価⑤返送チケットの枚数を記載)を同封して下さい。

<ご返送先>
〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター「美輪明宏/ロマンティック音楽会」宛

<WEBにて購入頂き、チケット代はお支払済みだが、チケットは発券されていないお客様>
[サークルK・サンクス、ぴあ店舗で発券]を選択されたお客様
→ Myページの購入履歴から払戻期間内に払戻し申込のお手続きをして下さい。

[セブン-イレブンで発券] を選択されたお客様
→ 払い戻しを行う際は、一度セブン-イレブンの店舗でチケットを発券いただく必要があります。発券した翌日10:00AM以降、発券いただいた店舗で払い戻しをいたします。払戻期間内にチケットをお持ちの上、お手数ですが再度ご来店ください。

チケットぴあでの払戻に関してはこちら→ http://t.pia.jp/guide/refund.html
お問合わせ:チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111(オペレーター対応:10:00~18:00)


【ローソンチケットでご購入のお客様】

払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月3日(月・祝)23:59です。

<ローソン、ミニストップ店舗にて、チケットを発券されたお客様>
発券店舗(ローソン、ミニストップ)にて払い戻しをいたします。
払い戻し期間内にお支払いされた各店舗に、チケットをご持参の上、ご来店ください。
Loppiから払い戻しの手続きをお願い致します。
店舗で発券されたチケットには、券面下側にお買い求め頂いた店舗名が記載されています。
※購入店舗での払戻しが無理な場合は最寄店舗にて払戻しください。

<チケットを配送引取りされたお客様>
最寄のローソン、ミニストップ店舗で払い戻しを致します。
払戻期間内にチケットをご持参の上、ご来店ください。

ローソンチケットでの払戻に関してはこちら→ http://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/

お問合せ:ローソンチケット 0570-000-777(10:00~20:00) 


【イープラスにてご購入のお客様】

払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月3日(月・祝)23:59です。

<ファミリーマート、セブン-イレブンで発券されたお客様>

発券した店舗での払い戻しとなりますので、所定の払戻期間内に、対象のチケットを発券した店舗へご持参ください。

 <配送で受取りされたお客様>
所定の払戻期間内に、対象のチケットをイープラス(株式会社エンタテインメントプラス)へ特定記録郵便でご返送ください。取りまとめたチケットと、下記希望払戻先情報を記入したメモを同封してください。

<ご返送先>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー21階
株式会社エンタテインメントプラス
カスタマーフロント部 「美輪明宏/ロマンティック音楽会」 公演係

<同封メモ>
・氏名/住所/電話番号/金融機関名/支店名/口座番号/口座名義(カナ)

 イープラスでの払い戻しに関してはこちら→ http://eplus.jp/page/eplus/refund2/index.html


【CNプレイガイドにてご購入のお客様】

払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月3日(月・祝)22:00です。

<セブン-イレブン・ファミリーマート受取の方>
お引取りいただいた店舗での払戻しとなります。
※払戻期間を過ぎてしまいますと払い戻しが出来なくなりますので、十分ご注意ください。
 お買い求めになられた各店舗にて払戻し手続きをお願いします。
 各店舗のレジにてチケットを渡し、「払戻し」であることをお伝え下さい。
※払戻し方法の詳細は、「http://www.cnplayguide.com/refund/」をご確認お願いいたします。

<チケットを配送でお受け取りいただいたお客様>
期間の最終日までに弊社必着。
※ただし、最終日が土・日・祝の場合は、その前の平日までにお送りください。
 チケットと返金振込先の銀行口座の銀行名・支店名・口座名・口座番号・口座名義人(フリガナ)・電話番号を明記したメモを同封の上、お客様がご入金されたCNプレイガイド東京本店まで、郵便局の「簡易書留」または宅配便等、必ず送付・受取双方の記録がお客様と弊社とに残る方法でお送り下さい。

<ご返送先>
東京本店:〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-2 BHビル
「 CNプレイガイド [美輪明宏/ロマンティック音楽会] 払戻係 」宛

 CNプレイガイドでの払い戻しに関してはこちら→ http://www.cnplayguide.com/refund/

お問合わせ:CNプレイガイド 0570-08-9999(10:00~18:00)


【阪神プレイガイド・各会場でのロビーチケット販売にてご購入のお客様】

払い戻し期間は、2014年11月4日(火)必着分までとなります。
現金書留でのご返金となります。
チケットと下記必要事項を下記送付先まで簡易書留郵便にてお送り下さい。
※ご返金はチケット代及び簡易書留郵送代(上限450円)のみとなります。
※普通郵便でお送り頂いた場合の未着事故などにつきましては、弊社では責任を負いかねますので予めご了承下さい。
※簡易書留郵送代(上限450円)を上回るチケット返送差額料金についてはご返金し兼ねます。
※11月4日(火)以降の消印で到着した分に関しては、チケットをお送りいただきましても
ご返金し兼ねますので予めご了承ください。

<ご送付いただくもの>
1、チケット
2、以下の5項目を明記したメモ(全て必須)
 ・チケットご購入のお客様名
 ・連絡可能な電話番号
 ・郵便番号/ご住所
 ・チケット枚数

<ご送付期限>
2014年11月4日(火)までに必着

<ご返送先>
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー3F
キョードーインフォメーション 「美輪明宏/ロマンティック音楽会」払戻係

<返金方法>
チケットの到着確認後、チケット代金と簡易書留郵送代を現金書留にてご返金致します。
ご返金にはチケット到着から1か月程度を要する予定です。


【梅田芸術劇場ネット会員のお客様】

<梅田芸術劇場窓口にてチケットを発券されたお客様>

梅田芸術劇場窓口にて払い戻しいたします。
払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月3日(月・祝)18:00です。
遠方等、お越しいただけない場合は簡易書留でチケットをご返送ください。(11月4日必着)

<ご返送先>
〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-1 梅田芸術劇場「美輪明宏/ロマンティック音楽会」宛
お客様のお名前、ご連絡先、返金先の住所を書いたメモを同封してください。
返金につきましては【チケット代金+簡易書留代】を現金書留にて(11月11日までに)郵送予定。

 <チケットぴあ店舗・セブンイレブン・サークルKサンクスにて発券されたお客様>

それぞれ引取店舗で払戻しいたします。

 <チケットを配送引取りされたお客様>

払い戻し期間は、2014年11月3日(月・祝)必着分までとなります。
チケットぴあメールセンターまで、「簡易書留」「宅配便」「特定記録郵便」にてご返送下さい。
その際、チケットとメモ(①ご返金先の住所②お名前③連絡可能な電話番号④返送チケットの単価⑤返送チケットの枚数を記載)を同封して下さい。

<ご返送先>
〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター「美輪明宏/ロマンティック音楽会」宛

 <未発券のお客様>

チケット代金はお支払い済みで、チケットをまだ発券されていない(お手元にない)お客様は、払い戻し受付期間内に、「マイページ」の「購入履歴」から払い戻しのお手続きをお願い致します。

払い戻し期間は、10月24日(金)~11月3日(月・祝)です。

郵便振替払出証書にてご返金いたします。

詳しくはこちら→http://t2.pia.jp/guide/refund03.html 


【梅田芸術劇場窓口でご購入のお客様】

梅田芸術劇場窓口にて払い戻しいたします。
払い戻し期間は、10月24日(金)10:00~11月3日(月・祝)18:00です。
遠方等、お越しいただけない場合は簡易書留でチケットをご返送ください。(11月4日必着)

<ご返送先>
〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-1 梅田芸術劇場「美輪明宏/ロマンティック音楽会」宛
*お客様のお名前、ご連絡先、返金先の住所を書いたメモを同封してください。
返金につきましては【チケット代金+簡易書留代】を現金書留にて(11月11日までに)郵送予定。

お問合せ:梅田芸術劇場 06-6377-3888(10:00~18:00)

 



上記払い戻し期限は必ずお守り下さい。

期日を過ぎますと、払い戻しを致しかねますので予めご了承下さい。

雨に唄えばフォトキャンペーン締め切り迫る!

9月より行っております「SINGIN' IN THE RAIN~雨に唄えば~」SNS連動キャンペーン!

キャンペーン1●Facebook&Twitterフォローキャンペーンはお陰様をもちまして、大盛況のうちに受付終了いたしました。現在抽選を行っておりますので、当選の皆様へのご連絡は今しばらくお待ちくださいませ!

そしてキャンペーン2●アダムと一緒に写真を撮ってTweetしよう!キャンペーンの締め切りが、いよいよ19日と間近に迫りました。

ここで重大発表!!

まず、ご来場いただく舞台稽古の日程は11月1日(土)のお昼となります。まさに初日公演の直前のスペシャルな舞台稽古をご覧いただきます!「平日はちょっと…」と思っていた方も、ご安心してご応募ください!

そして当選人数ですが、当初ご案内しておりました1組2名様から大幅追加!5組10名様をご招待いたします!!

締め切り間近!まだまだ皆様の投稿をお待ちしております!!

■キャンペーン2●アダムと一緒に写真を撮ってTweetしよう!キャンペーン<概要>

都内各所掲示のポスターや看板、等身大パネル、またお手元の公演チラシや7月に配布したウチワでもOK!!

アダムと一緒に写真を撮って、ハッシュタグ【#雨に唄えばフォトキャンペーン】をつけて応募してください!
ご参加の皆様には先着100名様にスペシャルダイジェストCD&公演オリジナルミニクリアファイルをプレゼント!

さらに!

抽選で5組10名様を11/1(土)初日公演前のお昼に行われます公開舞台稽古にご招待いたします!!
誰よりも早く『SINGIN' IN THE RAIN~雨に唄えば~』日本公演を観られるチャンス!
奮ってご応募ください!!

応募期間:9/22(月)~10/19(日)23:59投稿分まで(Tweetのタイムスタンプを基準とします)

<注意事項>
※撮影時は投稿者以外の人物が写り込まないようご注意ください。
※看板・街頭ポスター等との撮影の際は通行者等の妨げにならないようご注意ください。

☆ここでアダムと撮影ができます!!☆

■巨大看板
渋谷:東急ヒカリエ2F~JR渋谷駅連絡通路工事壁面(~10/19まで)
有楽町:JR有楽町駅日比谷口看板(~10/31まで)

■アダム・クーパー等身大パネル
赤坂:TBSテレビ正面玄関  (10月17日夜~18日夕方までの間、一時撤去いたします)
有楽町:東京国際フォーラム・チケットセンター(チケットぴあ)
神保町:三省堂書店神保町本店内チケットぴあ
渋谷:ちけっとぽーと渋谷店
   タワーレコード渋谷店
   SHIBUYA TSUTAYA
原宿:バレエショップ Fairy

Map

※ほか、都内近郊各所にはポスターも掲示中、ぜひ探してみてください!

もちろん、ご自宅でチラシやウチワとの2ショットでもOK!
沢山の楽しい写真お待ちしております!!

[O]

「ウィズ」最終オーディション 『ニコニコ生放送』で中継決定!

「ウィズ-オズの魔法使い-」公開最終オーディション

『ニコニコ生放送』で中継決定!!

2015年3月に開幕しますミュージカル「ウィズ」のドロシー役を決定する最終オーディション。8月から1次・2次と全国各地で行われてきた過酷な審査をくぐり抜け、演出家宮本亜門に見出されるメンバーは!?

最終オーディションの模様を「ニコニコ生放送」で完全中継いたします。

 

放送中、視聴者の方の結果予想を大募集!最終結果予想フォームで誰がドロシーになるか予想してください。見事予想が的中された方は「スペシャルサポーター」として公演パンフレットへお名前を掲載いたします!!

(※結果予想へのご参加にあたりましては、あらかじめGoogleアカウントの取得をお願いいたします。)

 

この機会を是非お見逃しなく!!

 

10月21日(火) 15:00放送開始(予定)

 

生放送URLhttp://live.nicovideo.jp/watch/lv195002417

『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』東京公演終了しました!

「イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー〜パパと呼ばないで〜」東京公演は、おかげさまでたくさんのお客様に支えられ、無事に千秋楽を迎えました。
パルコ劇場特別企画として設置した「感想&応援メッセージボード」には約3000枚に上る温かいメッセージをお寄せいただきました。誠にありがとうございました!

It_1

It_2

It_3

仙台、新潟、名古屋、大阪公演でもお客様のご来場をキャスト・スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』感想&応援メッセージその②

『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー~パパと呼ばないで』東京公演も、開幕から10日経過しました。

連日、客席では大きな笑い声が巻き起こっています。

さて、パルコ劇場ロビーでお寄せいただいている感想&応援メッセージも日に日に増えており、ボードに貼りきれないんじゃないかというほど集まっております!ちなみにこんな感じです☆

Blog2014100101_2

Blog2014100102_2

Blog2014100103_2

さて、改めまして、会場でいただいた感想&公演への応援メッセージ第二弾をご紹介します!

--------------------------------------

◎ 出演者みんながとてもチャーミングで

  すごくおもしろくて、でも一筋縄ではいかなくて。

  観ることができて良かったです。ありがとうございました!

  < Maki >

 

◎ 楽しかったです!

 外国人である私もストーリーをよく理解できて、ありがとうございます!

 またチャンスがあればぜひ拝見させていただきたいです!

 

◎ 今日は22歳のたんじょう日で

 姉がサプライズで連れて来てくれました!!

 とっても楽しく、ずっと笑顔で居れた舞台でした。

 本当に素敵な時間をありがとうございました!

 忘れられない誕生日になりました!

 出演者の皆さん、キラキラ輝いていてすてきでした!

 < こずえ >

 

◎こんなに笑ったの久しぶり!!

 笑いすぎて涙が出ました!!

 みなさんの演技力におどろきました!!

 < ゆか >

 

◎初めて観劇しました!

 何回も観たくなる作品です!!

 どの役者さんも素敵でした!

 千秋楽まで応援しています!

 

◎イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー最高におもしろい\(^。^)/

 たくさん笑いました!!

 笑いすぎて涙でました(笑)

 また観に行きたい!!と思えるようなステキな舞台でした☆

 < ゆっち >

 

◎予想外の結末で最後はHAPPYになりました!

 とても楽しかったです。

 塚ちゃんいい味出てました!

 

◎ 元気一杯の笑顔がもらえるステキな2時間弱

何回も観たいと思わせてもらってます。

< Y.H. >

 

◎今年一番笑いました!

 塚ちゃんニッキさん出演者の皆さんありがとう♡

 < あさみ >

 

◎本日も大いに笑わせてもらい心が裕な気持ちのまま帰れそうです!!

 ご出演者の皆さまは体力勝負で大変だとは思いますが・・・

 楽しい舞台をありがとうございます

 また来まーす!!

 

◎とっても楽しい舞台でした!!

 塚ちゃんが言っていた通り・・・ドタバタする錦さんの姿が面白かったです

 < 河とも >

 

◎ 見ていて温かい気分になれる、ステキな舞台でした!

笑いのエネルギーをたくさん頂けた気がします!!

 本当にステキな作品でした!!

 レズリーくん可愛い(笑)

 < なつみ >

 

◎ テンポが良い

笑いが止まらない

 おもしろーい♡

 塚ちゃんナイスアクロバット!

 < なな >

 

◎ 今日もとても楽しいです。

何度みてもあきませんね。

  熱演でガンバッて下さい。

 

◎ とても楽しかったです!!

こんなにたくさん笑ったの久しぶり☆素敵な舞台でした!

皆さん最高です。どうもありがとうございました。

そして塚ちゃん!!レズリーにしか見えなかったです。これからも応援してます☆

◎ 本日2回目!!

最初から最後まで笑いっぱなしです。

何度でも観たくなります。

最後まで皆様体調に気をつけて頑張って下さい

< jun >

-------------------------------------

皆様、素敵なメッセージをありがとうございます!

パルコ劇場での公演は10/13(月・祝)まで、あと2週間を切っております!

まだご覧になっていない方はぜひ劇場へ足をお運びいただいて、思い切り笑っていただけたら幸いです。

たくさんのご来場、お待ちしております!

[O]

『ウィズ~オズの魔法使い~』公開最終オーディション開催決定!最終オーディション観覧者大募集!!

2015年3月に開幕しますミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」では、主役・ドロシー役を決定する最終オーディションの観覧者を募集いたします。

8月から全国各地で行われてきた1次・2次と過酷な審査をくぐり抜け演出家宮本亜門に見出されるメンバーは誰だ!?

最終オーディション挑む彼女たちを間近で応援できるチャンスです。

2ヶ月以上に及んだオーディションで勝ち残るのは!?

この瞬間を見逃すな!!!

日程:10月21日(火)  15:00開始
会場:東京都港区内某所  ※オーディション会場はチケット券面にてご確認下さい。

 

<受付スケジュール>

10月6日(月)12時~10月13日(月)23時59分
http://pia.jp/t/wiz-audition/

公開オーディション参加券料金:48円

【注意事項】

※お1人様、1回のみ1枚 申し込み可。

※未就学児入場不可

※お申込みの際にはチケットぴあの会員登録が必要です。(無料) 

※会場に日本テレビ他、各マスコミの取材カメラ(スチール・ムービーとも)が入りますので、舞台が見えづらい場合がございます。また、ご来場のお客様は当日収録される可能性があり、映像はそのまま各メディアで放送、掲出される可能性がありますので予めご了承ください。

-----------------------------------------------------------------------------------

「ウィズ-オズの魔法使い-」公開最終オーディション、『ニコニコ生放送』で中継決定!!

会場にお越しいただけない方のために、「ニコニコ生放送」での中継が決定!オーディションの様子を完全中継します!この機会を是非お見逃しなく!!

10月21日(火) 15:00放送開始(予定)

URLhttp://live.nicovideo.jp/watch/lv195002417

ぜひみなさん、現地で、ネットで、新ドロシーの誕生にお立会いください!

[O]

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ


Powered by TypePad