« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

舞台「ハングマン」高校生モニターの皆さんより感想到着!

明日5月16日(水)より、いよいよ東京公演が開幕する舞台「ハングマン」。

埼玉公演をいち早くご覧になった高校生モニターの皆さんより、沢山のご感想をお寄せいただきました。その第一弾をご紹介します!

高校演劇を頑張っている演劇部の皆さんのご感想なので、かなり見方が専門的!?そして、ネタバレ・後半の展開も含まれますので予めご了承ください。

東京公演をご覧になった方がどんな感想を持たれるのか、今からとても楽しみです!


伏線のはりかたがとてもうまくて見ていくたびにここはこうだったのか、とわかってとても面白かったです。動きや日常会話などがとても自然で本当にその人が立っているみたいでした。
声の高さの使い方も本当に勉強になりました。
場転や暗転中の音響もスっと入ってきて緊張感などを切らさずに見れました。
照明も時間帯が1発でわかるし、雨が降っているのか晴れてるのかもわかって本当に凄かったです。
さらに、暗転に切り替わる時に人に当ててるところを少し遅らせたりして魅せているのが綺麗でした。
大道具は、回ったり雨が降ったりなど驚くことばかりでした。高校生であれを作るのは難しいですが、少し真似してみることなどできるので、ぜひ真似してみたいです。(3年女子 Y・K)


今回、この舞台を見させていただけてとてもよかったです。役者さんの演技の自然さや、込められた感情がとても伝わりやすく感じられて一瞬で惹き込まれてしまいました。そして、舞台のセットもまさか回転するとは思わずとても興奮しました。作りがとても細かく、パブの床がいい感じに軋んだり、飲み物が本当に注がれていたり、雨が降っているときなどは一瞬息を飲むほど驚きました。音響の曲調も同じテイストでもその場面にとてもぴったりで、でも舞台を壊していない感じがとても好きでした。照明は、役者さんを見やすく当ててくださっていて暗転する際にメインキャストがほんの少し残ってから消えるのがとても好きでした。今回見させていただいた中で、音響、演技、照明、道具のすべてがとても勉強になりました。これを糧にさらに精進していければと思います。今回は素敵な舞台を見せていただきありがとうございました。(3年女子 I・N)


最初の死刑が執行されるシーンの心が苦しくなる演技で、私の心はグッと引き込まれました。そしてシーンが変わり舞台のセットが回った時の感動と言ったら、今でも忘れられません。身を乗り出して、思わず「わぁ・・・」と声が出てしまいました。バブのセットは、一度いろんな角度で、願わくば近くで見てみたかったです。特にソファの部分、直角のはずの間取りなのに鈍角に造られていて、そこまで考えて造るんだなと大変勉強になりました。2階へ上がる部分も見やすく造られていました。窓の汚しもすごいなぁと見ていました。雨の時のあれはどうなっているのかと考えたら夜も眠れません。あと回る度にパブの裏のセットが変わっていて、物音も聞こえずどうやっているのでしょうか。本当に凄かったです。あそこまで大掛かりなセットは高校演劇では作れないので、1回作ってみたいと憧れます。
今回の劇で好きなところは、ムーニーが首を締められるところです。ほんとうは締まってないとわかってるのに、あぁ死んじゃう、苦しそう、大丈夫かなと、すごくハラハラしました。息が出来なくて声が出なくなっているところなんか、思い出しただけで喉の辺りがきゅうっとなり胃がグッと締め付けられます。それからムーニーの豹変ぶりに、大変怖くなりました。休憩時間に部員と、こぇー・・・と言い合っていました。休憩が終わり劇が再開するとムーニーの掴めないところにまた怖くなりました。シャーリー役の富田さんは自分達と同年代で今回が初舞台で、でも声量も凄いし上手だし、自分も頑張ろうと思いました。
今回学んだことを糧に、これからも精進していきたいと思います。御招待して下さりありがとうございました。(2年女子 I・Y)


様々な視点から学ぶべき所が多く、とても貴重な3時間でありました。
シリアスな内容の台本にも関わらず、笑いを取るところはしっかりと取られていて劇のメリハリがしっかりしているなぁと感じました。
1番印象に残っているのは、やはりシャーリーを誘拐した疑いをかけられていたムーニーの豹変ぶりです。あんなにも優しそうに話していた男が急に雄叫びをあげるように声を大きくしているのを見て、鳥肌がたちました。
最後になりましたが、僕たちも演劇部として、この「ハングマン」から見習うべきところをしっかりと見習い、少しでもプロに近づけるよう日々精進してまいります。本日はありがとうございました。(2年男子 H・H)


「ハングマン」を見て最初に思ったこと、それはとても単純で、「かっこいい!」でした!
今までテレビ越しに見ていた俳優さんを生で、それも彩の国さいたま芸術劇場で見られて本当に感動しました。舞台が始まってからは、役者さんに釘付けでした。間の取り方とか、セリフの言い方、とても勉強になりました!中でもハリー、アリス、シャーリーの親子の会話や、常連客との絡み、ムーニーを殺してしまうシーン、ピアポイントがパブに訪れるシーンは、目が離せませんでした。それに加え、大道具小道具が本当に凄くて、驚きました。パブのビールを注ぐやつとか、ドアの鍵、窓、ムーニーとシドのシーンの窓など細かいところまで凄くて見ていて楽しかったです。
音響と照明に関して、音は、音量も曲のセンスも好きでした。特にF.Oなど綺麗で良かったです。照明さんは、ハリーとシドの取材シーン、役者が動く度に照明が合っていてかっこいいなと思いながら見ていました。ムーニーとシドのシーンの時の雷も凄くかっこよくて好きでした。
今回、「ハングマン」を見させて頂き、とても勉強になりました。今後演劇をするにあたって舞台の使い方など、参考にしたいなと思いました。(2年女子 K・M)


私は高校演劇をやっている身で、この彩の国さいたま芸術劇場にも1度立たせて頂いたことがあるので、尚更伝わってくる凄さがありました。
先ず驚かされたのは高校演劇では再現出来ない舞台装置。特に驚いたのは、セットごと回転して素早く場転できるシステムです。1度ならず何箇所にもなる装置に度肝を抜かれました。そして、窓の汚し、直角ではなく少し開かれた全体が観やすい構造にプロの技を感じました。
また、それに合わせた照明の再現度はとても勉強になりました。昼間と夜間で光の方角が違ったり、鉄格子の影を写すことで観やすくかつ監獄を表現したり、すごく計算されているなと思いました。
そして、役者の発声も重厚感があり聞いていて聞き取りやすさと貫禄がありました。キャラに合わせた声質と仕草も様々で観ていてとても楽しかったです。シャーリー役の富田望生さんは、私とほとんど変わらない年齢にも関わらず、堂々たる演技に感動させられました。
どの役者さんも素晴らしいですが、私一番の推しはムーニーです。シャーリーとの会話の優しくも怪し気な感じと首吊りの喘ぎ声に心奪われました。
プロの演劇は、やはり感激の連続で時が過ぎるのが速かったです。今後芝居をするにあたって良い刺激になりました。このような機会を頂けて大変感謝しております。ありがとうございました。(2年女子 A・K)


このたびは招待していただき本当にありがとうございました。やはりプロの公演からは学ぶことがとてもたくさんありました。演技はもちろんのこと、舞台装置や照明、音響、すべてがハイクオリティで圧倒されました。
演技面で凄いと思ったことは二つあります。一つ目は首を吊られるシーンのリアルさです。本当に死んでしまうのではないかとヒヤヒヤするほどリアルな演技でした。二つ目は舞台装置が回っている間や照明が転換する間でもしっかり演技を続けていたことです。場転の間もその人の生活は続いているんだなあ、と思いました。
音響や照明も素晴らしく、選曲のセンスも素晴らしく、全ての曲が心に刺さってきました。これらを全部含めての「ハングマン」なんだなあと思いました。
とても楽しくて学ぶことがたくさんありました。ありがとうございました!(2年女子 N・H)


客席についた時に舞台装置を見ただけでこの劇は絶対に一筋縄ではいかないだろうと思いました。最初の場面の、罪人が冤罪を主張するが、聞き入れてもらえず、処刑される演技、演出で一気に惹き込まれました。回転する舞台装置、雨の表現、役者の演技力など細部まで凝っていて、圧倒されました。またこのような機会があればぜひ見に行きたいです。(2年女子 W・S)


今回プロの演劇を初めて観劇し、まず1番に高校の演劇とは違うと思ったのは、役者さんのテンポの良さです。話の受け答えがとても自然で、劇の世界観に引き込まれるのがとても早かったです。そして、とにかく声が大きくて、早口のセリフも滑舌がよく聞き取れないところが見つかりませんでした。焦っている場面でも、セリフはしっかり聞こえて、でも焦りを感じさせられ、すごいと思いました。大げさに感情を顔で表現していたところも、高校生との差を感じました。そして、音響がすごく大きいのも驚きました。特に私が注目したのは雨の音で、ただ単に小さい雨の音ではなく、室内で聞こえる雨の音だったのですごくリアルでこだわりを感じました。これらの学んだことは、今後の演劇に取り入れられるところが沢山あると思うので、より良くしていきたいです。(1年女子 K・A)


PARCO STAGEのスマホアプリ「パルステ!」では、さらにパルステ!観劇レポーターの皆さんの感想も掲載中です。(TOPメニューの「HOT」よりご覧ください)

パルステ!のダウンロードはこちら

またレポートが届きましたらご紹介させていただきます。

舞台「ハングマン」これからご覧になる皆様、どうぞご期待ください!

【ぴあ×パルコステージ特別企画『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』尾上右近密着取材vol.2】尾上右近×G2対談

『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』で、現代劇に初挑戦する歌舞伎界の新鋭・尾上右近さんに密着するこの企画。第2回目は、翻訳・演出を手がけるG2さんとの初顔合わせの場に伺いました!

 2012年にピューリッツァー賞戯曲部門を受賞し、これが日本初上演となる今作を、自ら演出したいと手を挙げたG2さん。薬物中毒から、苦しみつつも同じ境遇の人々とつながり、立ち直っていこうともがく人々の姿を、どう描こうとしているのでしょうか。

 第1回のインタビューでは、G2さんが作・演出した新作歌舞伎に感銘を受けたと語っていた右近さん。初対面とあって少々緊張気味だったものの、G2さんの意図するところを貪欲に吸収しようとする姿が印象的でした。歌舞伎役者の右近さんが、イラク戦争帰りの青年エリオットをどう演じることになるのか。ふたりの対話をぜひお楽しみください。

 また、今回は、エリオットの従姉ヤズミン・オルティスに注目しながら、簡単なストーリーを紹介します。第1回目のエリオットのストーリーも参照しながら、この作品の奥深さの一旦に触れていただけたらと思います。


■STORY■

プエルトリコ出身で現在はフィラデルフィアで暮らしているヤズミン・オルティス(南沢奈央)。音楽の非常勤教授として大学に勤めて1年目で、私生活では離婚問題を抱えていた。従弟のエリオット(尾上右近)には離婚を反対されているが、夫との関係はもう修復しようがないと感じている。そんな人生の岐路にあるとき、ヤズミンとエリオットの伯母であり、エリオットにとっては育ての母でもあるジニーが亡くなった。ふたりは葬儀の準備をし、遺灰を撒くためにプエルトリコに行く約束をする。その頃、エリオットの実の母親でドラッグ中毒者のサイトを運営しているオデッサ(篠井英介)の周りでも、ネットでつながっていた人間たちが動き始めていた。人々はやがて、ヤズミンやエリオットとも交錯していくことに。そして他者とのつながりが、それぞれの葛藤に光を差していく。


 ■尾上右近×G2対談■

Prof_blog

G2 それにしても(現代劇初出演で)大変なものに出ることになりましたね。

右近 その大変さもあまり把握できていないぐらい、何もわからない状態です(笑)。これまで本当に歌舞伎ばかりだったので、とにかくいろいろ教えていただきながら、ぶつかっていきたいと思っているんですけど。G2さんを信じて。

G2 ありがとうございます。ほかのキャストの方々も、最近は同じ人とばかりやることにならないようにと自分でリクエストしないようにしてるんですけど、結果、僕のやり方をよくわかっている人たちが揃ってしまったので(笑)。安心してやっていただけるんじゃないかと思います。

右近 はい。楽しみです。

G2 最初にプロデューサーから右近さんはどうかという提案を聞いたときに、和の右近さんが翻訳ものを演じるのは逆に面白いかもしれないと思ったんです。海外の作品をやるとき、僕はそれをそのまま再現するっていうやり方が好きではなくて、外国人にならなくていいよと言うことが多いんですけど。歌舞伎役者としての感覚を持ち込んで、右近さんがいつも通りにやったらどうなるのかっていうのも、面白いんじゃないかと思うんですね。しかも今回は、歌舞伎の外で女方をやり続けている篠井英介さんに、右近さんのお母さん役をやってもらうので。そのへんの関係も面白いし、日本のプロジェクトでないとできない空気感が作れそうな気がしているんですね。

右近 今のお話を聞いて、自分が経験してきたことを楽しみにしてくださっているというのは、ちょっと救われました。

G2 ただ、イラク戦争に行ってトラウマを持って帰ってきているという状況は、勉強することも必要になると思いますけど。でも、登場人物たちの迷いや悩みは、日本人が心に抱えていることとあまり変わりない気がしますし。作品が根本的に持っているエッセンスみたいなものは、今の日本人が見ても共感できるんじゃないかと思うんです。セリフのセンスもすごくいいですしね。日本人が見てもグッとくるものにしようと思っています。

右近 現に、登場人物のなかに日本人がいるので、ホッとする感じもありますよね。

G2 日本人のことを書いてくれてありがとうっていう気持ちになっちゃうんですよね(笑)。

右近 作品のなかでも、プエルトリコ人や日本人がいて、環境とか背景は違っても、インターネットを通じてそれぞれが共感したり、思いやりを持ったりすることができるっていうことが描かれているので。それがドラッグっていう問題を介して描かれてはいますけど、どこの国でも誰にでも共通する普遍的なテーマの話だなと思います。ただ、登場人物がそれぞれいろんな場所にいて、それぞれの場面にどんどん飛んでいくじゃないですか。それを舞台ではどう再現していくのか、すごく気になっています。

G2 場面が飛ぶのは、僕はわりと得意だし好きなんです(笑)。そのほうがお客さんの想像力を引き出しやすいというか。さっきまでアメリカでの話だったのが、違う人がひとりそこに立つだけで北海道に思えてくるようになると(劇中に北海道も登場します!)、表現の方法が面白くなるので。でも、今回難しいなと思っていることもあるんです。ひとつは、インターネット上で文字で会話している世界をどう表現するかということ。それから、この戯曲は、大きな起承転結の流れがないんです。それでいて不思議と最後には気持ちが浄化されていくようなカタルシスがある。それを今までの型を使わないで実現しているのが面白いなと思っているんですけど、その分演出は難しいだろうなと思っているんですね。そして、有色人種と白人と日本人がいて、人種の不協和音があるっていうことが、アメリカで上演するときはビジュアルだけでパッとわかるんだけど、日本人が演じる場合には人種と言われても……っていう感じがある。この3つをどうするか、稽古までに答えは出てないと思うので、そこはみんなで考えていきましょう(笑)。たぶん稽古場でいろいろ見つかると思うんです。

右近 現代劇の稽古はどう進めていくのかっていうのも、気になっていました。

G2 歌舞伎の世界って、ある意味、今の日本の一般演劇よりも、役者の責任が大きいですよね。衣裳とか鬘といった自分にまつわることは自分でやるし、古典だともともとのやり方を自分で学ばなきゃいけないし。新作歌舞伎でも、数人で掛け合う芝居に勝手に三味線が入ってきたりする(笑)。

右近 あ、そうだ。勝手にやってますね(笑)。

G2 だから、そうやって培ってきたものものは、全部出してもらっていいんじゃないかと思ってるんです。

右近 歌舞伎では、自分の感覚とか表現っていうものをそのまま舞台に持ち出せるものではないので、今回初めて、自分の考えをぶつけてもいいっていう環境に行けるのが楽しみではあるんですけど。でも確かに、何かアイデアを出すにしても、結局、歌舞伎のあの感じを現代的にすると……っていうふうに考えてしまいそうです(笑)。

G2 だから、「ちょっとそれはどうだろう」ってびっくりする瞬間が何度かあると面白いかもしれませんね(笑)。そこから何か生まれるっていうことが絶対あると思うので。でも、稽古が始まるまでに考えすぎないでほしいなとは思います。セリフも自分の解釈を入れて覚えてしまうと、相手の芝居によって変えられなくなっちゃいますし。だいたい腹七分とか八分くらい準備して、稽古場でみんなが集まったときにひらめくものを集積していくことで、できあがっていく。だから1ヶ月稽古する意味があるんですよね。

右近 さっきG2さんが起承転結のない戯曲だという話をされましたけど、僕がこの台本を読んだときの第一印象もまさに同じで、あまり劇的じゃないというか、日常のなかにある些細な起承転結をそのまま舞台にするような作品だなと思ったんです。だからこそ、相手のセリフをちゃんと聞きながら、微妙な心の動きを表現することがより大切になるだろうなと思いますし。僕もそこを大事にして演じたいなと思います。

G2 今回の東京公演の劇場は、ちょっとしたニュアンスもちゃんと伝わるサイズで、僕はそういう劇場が好きなんですけど。逆に言うとニュアンスが欠如すると味わいのない空間になってしまうので、やっぱりすごく繊細に演じていかなきゃいけないんですよね。ある人が言ったひと言ひと言が、ほかの登場人物にどういう影響を与えて、どういう波紋が起き、広がっていくか。チラシのデザインもまさに波紋がイメージされてていいなと思ってるんですけど、一人ひとりが作り出す波紋をほかの人が受け取るっていうリレーションを意識して作っていくと、すごく面白い芝居になっていくと思います。

右近 だったらなおのこと、相手の芝居を受けることを大事にしなきゃいけないですね。歌舞伎もセリフを聞きなさいと言われるんですけど、歌舞伎の場合は、聞いても動いちゃいけないので(笑)、どう受け取ってどう反応するのか、現代劇でそこにチャレンジできるのも楽しみなんです。なんだか今日は、僕のほうがお聞きするばかりになって申し訳なかったですけど、どういう心づもりでお稽古に臨んだらいいか見えてきて助かりました。

G2 いえいえ、とんでもない。

右近 本当にとにかくぶつかっていきたいと思っていますので、どうか受け止めていただいて、教えていただきたいと思います。

G2 一緒に何か考えていきましょうよ。

右近 よろしくお願いします!

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ


Powered by TypePad