【ぴあ×パルコステージ特別企画『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』尾上右近密着取材vol.2】尾上右近×G2対談

『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』で、現代劇に初挑戦する歌舞伎界の新鋭・尾上右近さんに密着するこの企画。第2回目は、翻訳・演出を手がけるG2さんとの初顔合わせの場に伺いました!

 2012年にピューリッツァー賞戯曲部門を受賞し、これが日本初上演となる今作を、自ら演出したいと手を挙げたG2さん。薬物中毒から、苦しみつつも同じ境遇の人々とつながり、立ち直っていこうともがく人々の姿を、どう描こうとしているのでしょうか。

 第1回のインタビューでは、G2さんが作・演出した新作歌舞伎に感銘を受けたと語っていた右近さん。初対面とあって少々緊張気味だったものの、G2さんの意図するところを貪欲に吸収しようとする姿が印象的でした。歌舞伎役者の右近さんが、イラク戦争帰りの青年エリオットをどう演じることになるのか。ふたりの対話をぜひお楽しみください。

 また、今回は、エリオットの従姉ヤズミン・オルティスに注目しながら、簡単なストーリーを紹介します。第1回目のエリオットのストーリーも参照しながら、この作品の奥深さの一旦に触れていただけたらと思います。


■STORY■

プエルトリコ出身で現在はフィラデルフィアで暮らしているヤズミン・オルティス(南沢奈央)。音楽の非常勤教授として大学に勤めて1年目で、私生活では離婚問題を抱えていた。従弟のエリオット(尾上右近)には離婚を反対されているが、夫との関係はもう修復しようがないと感じている。そんな人生の岐路にあるとき、ヤズミンとエリオットの伯母であり、エリオットにとっては育ての母でもあるジニーが亡くなった。ふたりは葬儀の準備をし、遺灰を撒くためにプエルトリコに行く約束をする。その頃、エリオットの実の母親でドラッグ中毒者のサイトを運営しているオデッサ(篠井英介)の周りでも、ネットでつながっていた人間たちが動き始めていた。人々はやがて、ヤズミンやエリオットとも交錯していくことに。そして他者とのつながりが、それぞれの葛藤に光を差していく。


 ■尾上右近×G2対談■

Prof_blog

G2 それにしても(現代劇初出演で)大変なものに出ることになりましたね。

右近 その大変さもあまり把握できていないぐらい、何もわからない状態です(笑)。これまで本当に歌舞伎ばかりだったので、とにかくいろいろ教えていただきながら、ぶつかっていきたいと思っているんですけど。G2さんを信じて。

G2 ありがとうございます。ほかのキャストの方々も、最近は同じ人とばかりやることにならないようにと自分でリクエストしないようにしてるんですけど、結果、僕のやり方をよくわかっている人たちが揃ってしまったので(笑)。安心してやっていただけるんじゃないかと思います。

右近 はい。楽しみです。

G2 最初にプロデューサーから右近さんはどうかという提案を聞いたときに、和の右近さんが翻訳ものを演じるのは逆に面白いかもしれないと思ったんです。海外の作品をやるとき、僕はそれをそのまま再現するっていうやり方が好きではなくて、外国人にならなくていいよと言うことが多いんですけど。歌舞伎役者としての感覚を持ち込んで、右近さんがいつも通りにやったらどうなるのかっていうのも、面白いんじゃないかと思うんですね。しかも今回は、歌舞伎の外で女方をやり続けている篠井英介さんに、右近さんのお母さん役をやってもらうので。そのへんの関係も面白いし、日本のプロジェクトでないとできない空気感が作れそうな気がしているんですね。

右近 今のお話を聞いて、自分が経験してきたことを楽しみにしてくださっているというのは、ちょっと救われました。

G2 ただ、イラク戦争に行ってトラウマを持って帰ってきているという状況は、勉強することも必要になると思いますけど。でも、登場人物たちの迷いや悩みは、日本人が心に抱えていることとあまり変わりない気がしますし。作品が根本的に持っているエッセンスみたいなものは、今の日本人が見ても共感できるんじゃないかと思うんです。セリフのセンスもすごくいいですしね。日本人が見てもグッとくるものにしようと思っています。

右近 現に、登場人物のなかに日本人がいるので、ホッとする感じもありますよね。

G2 日本人のことを書いてくれてありがとうっていう気持ちになっちゃうんですよね(笑)。

右近 作品のなかでも、プエルトリコ人や日本人がいて、環境とか背景は違っても、インターネットを通じてそれぞれが共感したり、思いやりを持ったりすることができるっていうことが描かれているので。それがドラッグっていう問題を介して描かれてはいますけど、どこの国でも誰にでも共通する普遍的なテーマの話だなと思います。ただ、登場人物がそれぞれいろんな場所にいて、それぞれの場面にどんどん飛んでいくじゃないですか。それを舞台ではどう再現していくのか、すごく気になっています。

G2 場面が飛ぶのは、僕はわりと得意だし好きなんです(笑)。そのほうがお客さんの想像力を引き出しやすいというか。さっきまでアメリカでの話だったのが、違う人がひとりそこに立つだけで北海道に思えてくるようになると(劇中に北海道も登場します!)、表現の方法が面白くなるので。でも、今回難しいなと思っていることもあるんです。ひとつは、インターネット上で文字で会話している世界をどう表現するかということ。それから、この戯曲は、大きな起承転結の流れがないんです。それでいて不思議と最後には気持ちが浄化されていくようなカタルシスがある。それを今までの型を使わないで実現しているのが面白いなと思っているんですけど、その分演出は難しいだろうなと思っているんですね。そして、有色人種と白人と日本人がいて、人種の不協和音があるっていうことが、アメリカで上演するときはビジュアルだけでパッとわかるんだけど、日本人が演じる場合には人種と言われても……っていう感じがある。この3つをどうするか、稽古までに答えは出てないと思うので、そこはみんなで考えていきましょう(笑)。たぶん稽古場でいろいろ見つかると思うんです。

右近 現代劇の稽古はどう進めていくのかっていうのも、気になっていました。

G2 歌舞伎の世界って、ある意味、今の日本の一般演劇よりも、役者の責任が大きいですよね。衣裳とか鬘といった自分にまつわることは自分でやるし、古典だともともとのやり方を自分で学ばなきゃいけないし。新作歌舞伎でも、数人で掛け合う芝居に勝手に三味線が入ってきたりする(笑)。

右近 あ、そうだ。勝手にやってますね(笑)。

G2 だから、そうやって培ってきたものものは、全部出してもらっていいんじゃないかと思ってるんです。

右近 歌舞伎では、自分の感覚とか表現っていうものをそのまま舞台に持ち出せるものではないので、今回初めて、自分の考えをぶつけてもいいっていう環境に行けるのが楽しみではあるんですけど。でも確かに、何かアイデアを出すにしても、結局、歌舞伎のあの感じを現代的にすると……っていうふうに考えてしまいそうです(笑)。

G2 だから、「ちょっとそれはどうだろう」ってびっくりする瞬間が何度かあると面白いかもしれませんね(笑)。そこから何か生まれるっていうことが絶対あると思うので。でも、稽古が始まるまでに考えすぎないでほしいなとは思います。セリフも自分の解釈を入れて覚えてしまうと、相手の芝居によって変えられなくなっちゃいますし。だいたい腹七分とか八分くらい準備して、稽古場でみんなが集まったときにひらめくものを集積していくことで、できあがっていく。だから1ヶ月稽古する意味があるんですよね。

右近 さっきG2さんが起承転結のない戯曲だという話をされましたけど、僕がこの台本を読んだときの第一印象もまさに同じで、あまり劇的じゃないというか、日常のなかにある些細な起承転結をそのまま舞台にするような作品だなと思ったんです。だからこそ、相手のセリフをちゃんと聞きながら、微妙な心の動きを表現することがより大切になるだろうなと思いますし。僕もそこを大事にして演じたいなと思います。

G2 今回の東京公演の劇場は、ちょっとしたニュアンスもちゃんと伝わるサイズで、僕はそういう劇場が好きなんですけど。逆に言うとニュアンスが欠如すると味わいのない空間になってしまうので、やっぱりすごく繊細に演じていかなきゃいけないんですよね。ある人が言ったひと言ひと言が、ほかの登場人物にどういう影響を与えて、どういう波紋が起き、広がっていくか。チラシのデザインもまさに波紋がイメージされてていいなと思ってるんですけど、一人ひとりが作り出す波紋をほかの人が受け取るっていうリレーションを意識して作っていくと、すごく面白い芝居になっていくと思います。

右近 だったらなおのこと、相手の芝居を受けることを大事にしなきゃいけないですね。歌舞伎もセリフを聞きなさいと言われるんですけど、歌舞伎の場合は、聞いても動いちゃいけないので(笑)、どう受け取ってどう反応するのか、現代劇でそこにチャレンジできるのも楽しみなんです。なんだか今日は、僕のほうがお聞きするばかりになって申し訳なかったですけど、どういう心づもりでお稽古に臨んだらいいか見えてきて助かりました。

G2 いえいえ、とんでもない。

右近 本当にとにかくぶつかっていきたいと思っていますので、どうか受け止めていただいて、教えていただきたいと思います。

G2 一緒に何か考えていきましょうよ。

右近 よろしくお願いします!

【ぴあ×パルコステージ特別企画 『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』 尾上右近密着取材vol.1】 尾上右近インタビュー&スチール撮影レポート

歌舞伎界の新星であり、7代目・清元栄寿太夫を襲名したばかりの尾上右近さんが、「ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル」で満を持して「三足目のわらじ」となる現代劇に初挑戦! パルコステージブログでは、そんな尾上右近さんが初舞台を踏むまでの過程に密着。作品の魅力も存分に紹介しつつ、注目の若き才能がさらにステップアップしていく姿を読者の皆様にお届けします!


【『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル〜スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ〜』vol.1】尾上右近インタビュー&スチール撮影レポート

 

2012年のピューリッツァー賞戯曲部門賞受賞作『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』が日本初上演されます。邦題に“スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ”とサブタイトルをつけられたそれは、様々な問題を抱えた人たちが、それぞれに自分の人生を取り戻していく物語です。

 

戯曲を手がけたのは、ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』の脚本で知られるキアラ・アレグリア・ヒュディス。今作の上演を熱望したG2が、自ら翻訳し、演出を担当します。そして、主演に歌舞伎界の新鋭・尾上右近を据え、篠井英介、南沢奈央、葛山信吾、鈴木壮麻、村川絵梨、陰山泰、といった実力派が集結。珠玉の物語を紡いでいきます。まずは、そのストーリーをご紹介します。

 

 

 

■STORY

フィラデルフィアのサブウェイで働いているエリオット(尾上右近)は、25歳のプエルトリコ人。少し足を引きずっているのは、イラク戦争に出兵して負傷したためだ。戦場でのあるできごとによって身体ばかりか心にも傷を負い、帰還後はモルヒネ中毒にもなった。人生の目的を見失ったエリオットの良き理解者である従姉弟で大学の非常勤講師のヤズミンも、離婚調停中で人生に行き詰まっている。

そんなとき、育ての母であり伯母であるジニーが亡くなったことをきっかけにエリオットの周りの人間関係がつながり始めた。中心にいるのは、エリオットの実の母でドラッグ中毒者のサイトを運営しているオデッサ(篠井英介)だ。彼女自身も元中毒者で、そのためにかつて幼い娘を見殺しにした過去があるが、今は中毒にあえぐ人々を救おうとしているのである。そして、そのサイトに集まっている多種多様な人間たちにも、リアルな世界での関係が生まれていく。他者とつながりたいと願いながら、拒絶し、葛藤し、その末に新たな人生の行方を見つけていく人々。そのありようは、現代社会の光となり得るか!?

 

 

 

イラク戦争、ドラッグと、戯曲の背景に登場するのはアメリカ現代社会の闇です。しかし、登場人物たちが交わす会話は(主にネット上で)、今の日本に生きる私たちと無縁なものではありません。おまけに、実は日本人も日本も登場するという、親近感を覚えずにはいられない戯曲なのです。

 

PARCO STAGE BLOGではこれから、主演の尾上右近に密着。日本初上演となる本作の魅力をどんどん深掘りしていく予定です。

第1回の今回は、スチール撮影に臨んだ右近さんのインタビューと撮影風景レポートをお届けします!

右近さんは、朗読劇『ラヴ・レターズ』の経験はあるものの、現代劇に出演するのはこれが初めて。もちろん現代劇のスチール撮影も初体験です。しかしながら、昨年のスーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』で市川猿之助の代役を見事にやり遂げた勘の良さと集中力を、ここでもいかんなく発揮!みるみる世界観を作り上げていった右近さんが演じるエリオット、早くも期待大です!

 

●スチール撮影風景レポート●

Nl1_9400s_2

スタジオに入ってまず撮影コンセプトの説明を受ける、真剣な表情の右近さん。

 

Nl1_9469s

白の衣裳から右近さんがイメージしたのは、白いキャンバス。「これから役と作品を自分たちで染め上げていくんだということを象徴しているような気がしました」。

 

Nl0_2991s

歌舞伎ではめったにない目線を外しての撮影も新鮮だったとか。「歌舞伎では拵えをして100%役になって撮りますが、今回は、役と素の自分が半分半分でカメラの前にいました」。

 

Nl0_2994s

スタッフから求められたのは苦しい表情とハッピーな表情。「スプーン1杯の幸せを表現してほしいと言われたのが難しかったですね。苦しいほうは実際に息を止めたので本当に苦しかったです(笑)」。

 

Nl1_9444s

いよいよメインの撮影に。イメージは水中に溺れるエリオット。「薬物に溺れ、トラウマに溺れ、抵抗できない感じを意識していました。ただ、やりながら思ったのは、自分の意志とは別に身体は生きようとするものだなということ。抵抗する力が自然と働くことを、手足の微妙な動きで表現してみました」。その身体の表現力で、どんな写真ができあがるのでしょうか。

 

Nl1_9486s

Nl1_9491s実際に水に濡れての撮影も待っていました。

メイク室で自らどんどん濡らしていく右近さん。

 

イメージに近づけていくスタッフに囲まれて、「みなさんのお考えに乗っかって自分がどう応えられるか。そのちょっとしたやりとりに面白さを感じました」という右近さん。「それがそのまま写真に映っている気がするので、お客様の目に届いたときに楽しみなお芝居だなと感じてもらえればうれしいです」。

 

続いて、作品と役について聞いてみました。

 

●尾上右近 インタビュー●

Nl0_2929s

──現代劇に初挑戦されますが、出演の話があったときはいかがでしたか。

「いずれは挑戦させていただきたいと思っていたのでうれしかったです。こんなに早いタイミングでというのは少し焦りましたが(笑)。でも、本当に歓喜の思いです」

 

──なぜ現代劇をやりたいと思われていたのでしょう。

「これまで歌舞伎だけを修行してきましたが、現代の役者としてもっといろいろなことを経験して、視野や幅を広げていきたいという気持ちが強かったからです。そのなかでも現代劇はぜひやってみたいことでした。歌舞伎は、衣裳、かつら、お化粧、小道具、大道具といったものによってデフォルメされた世界です。でも現代劇は、そういう演じるにあたって自分を守ってくれるものがないに等しいですから、そんななかでいかに役として存在できるのか。見当がつかないからこそ挑戦してみたかったんですね」

 

──しかも、現代劇のなかでもいきなり翻訳劇に挑戦することになりました。翻訳劇をご覧になったことはありましたか。

「何回かあります。歌舞伎にしか目を向けていなかった自分が、ここ2年ぐらい、現代劇、翻訳劇、ミュージカルと、本当にいろんなものに触れるようになって。いろんなものに興味を持ったり手を伸ばしたりするほど、自分自身がわかってくる感覚があるんです。自分に足りないものを思い知ったり、自分自身にどう向き合っているのかが見えてきたり」

 

──実際に演じてみると、さらにいろんなものが見えてきそうですね。

「はい。すごくハードルの高い挑戦になるとは思うんですけど。でも、その壁を打ち砕いていくぐらいのつもりでやりたいと思っています。基本的に僕は、大変なことが好きなタイプで、大変なほう大変なほうを選びたがるところがあるんです(笑)。それはたぶん、本当はすごく恥ずかしがり屋で小心者だからだと思うんですが。そんな自分ではダメだ、そんな自分を超えていきたいっていう気持ちが、大変なほうを選ぶ原動力になっているんじゃないかなと思います。だから今回も、不安を力に変えるということが出来ればいちばんいいなと思っています」

 

Nl1_9371s

──戯曲を読んだ感想はいかがですか。

「エリオットという役に関しては、彼も僕も25歳、年齢が一緒というところでまず捉えてみました。そうすると、エリオットにすごく共感できたんです。もちろん、イラク戦争の帰還兵であるとか、ドラッグ中毒であるとか、直面している問題は全然違いますけども。でも、いろんなことがわかりつつあるけれども、どうしていいかわからない部分もあるっていう、まだ思春期が尾を引いているようなこの年代ならではの悩みとか迷いとか戸惑いは僕にもあって。どんな時代でも、どんな場所でも、変わらず人間というものに常につきまとっているものが、テーマになっていると思いましたね」

 

──ともすればかけ離れた世界に見えますが、私たちの話でもあると。

「はい。みんな誰しも生きていくのは大変だと思うんです。その大変さの理由が、エリオットの場合はドラッグであったり戦争であったりするというだけで」

 

──歌舞伎でいろんな時代のいろんな人物を演じてこられたからこそ、その戯曲の核心が見えるのかもしれませんね。

「それはあるかもしれないですね。歌舞伎も結局最後に残るのは人の心ですから、無意識のうちに心というものに敏感になっているのかもしれません」

 

──翻訳と演出を手がけられるのはG2さんです。

「(取材時の3月9日の時点では)まだお目にかかっていないのですが、作品を拝見したことはあるんです。なかでも印象に残っているのは、作・演出をされた新作歌舞伎『東雲烏恋真似琴』(’11年8月歌舞伎座公演)。人形に魂が入るっていうようなお話を観ながら、やっぱり人の心についてすごく考えさせられた覚えがあります。社会がどれだけ発達しても人の心は発達しないのが面白いなと」

 

──苦しみというものもなくならないし。

「そして答えが出ない。だからこそ演劇というものがあるのだと思います。一旦日常を忘れてその世界に入り込み、そのうえで改めて描かれているメッセージを考える。それは歌舞伎でも現代劇でも変わらないことだと思うんです。だから、日常を忘れさせる世界を作って伝えるっていうことが、今回も大事になるんじゃないかなと思っています」

 

──実際、一旦観始めると没頭できそうな世界ですよね。

「そう思います。場面も場所もどんどん変わっていくんですけど、登場する人たちの心はつながり続けている。そのワールドワイドにつながっていく様が、速度といい、密度といい、すごく面白いと思います」

Nl0_2940s

次回の更新もどうぞお楽しみに!

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


Powered by TypePad